ハルカコンサルティングファーム:中小企業経営者や、起業意欲のある方々の生きがい創出のお手伝いを致します。

ホーム > コンサルタントのコラム > 岩藤

ものづくり補助金

当会計事務所のクライアントが申請していた、ものづくり補助金の採択が決定いたしました。
10,000件を超える応募があったようですが、採択は4割程度でした。

当会計事務所も認定支援機関としてたいへん喜ばしい日になりました。

今から会社の再生にむけ、中小企業とともにか゜んばりたいと思います。

Posted by iwafuji : 2013年06月08日 | コメント (0) | トラックバック (0)

租税教育始めました

昨日、我々の業界の租税教育の現場を

視察にいきました。

事業の内容は、小学校や中学校にうかがい、税金の仕組みや重要性

を直接、児童や学生に教えるのがその役目です。


実際、学校に訪問すると今の小学生や中学生の生の

姿が見えてきます。

可愛らしい子、少々憎たらしい子、いろいろいますが

みんな日本の将来の宝であろうと思います。

まだ、私自身は、なんにもやれておりませんが、

一助になれればと思う次第です

(LLP代表 岩藤)

Posted by iwafuji : 2012年02月15日 | コメント (0) | トラックバック (0)

今年もよろしくお願いします 「今年になって感動した本」

新年を迎えてもう2日ですね。

皆様、思い思いの新年をお迎えのことと

思います。

昨日はおせちを食べながら本を読んでいました。

脳科学者の茂木健一郎さんの「セレンディピティの時代」

「講談社文庫」刊です。「偶然の幸運に出会う方法」という

副題がついておりますが、よくある啓発本とは一線を画しております。

この本のなかに気になった言葉が三つありました。

一,はじめの一歩を踏み出すこと

一,根拠なき自信をもて

一,人生とは、すべりだいを降りながら、一生懸命工夫

 してきめポーズをとっているようなもの

若い人向けに分かりやすく書かれているが、人間の本質に関して

の洞察は限りなく深い良著だと思います。

ぜひご一読を。私は二回目を読み始めました。
(LLP代表 岩藤)

Posted by iwafuji : 2012年01月02日 | コメント (0) | トラックバック (0)

今年も残りわずかですね。

今年はまったく記事を書く余裕がなく、

久方振りのコラムです。

会計事務所の仕事は例年どおりですが、新しい

ことに挑戦した年でした。財団法人設立のお手伝い

をしたり、本を書こうと決意したり、事業再生のお話

を頂いたりと慌ただしく時が過ぎていきました。

まだ、どれも結果が出ていないけど

来年こそ、すべて達成しようと決意いたしました。

まだまだ、これから。がんばります。

(LLP代表岩藤)

Posted by iwafuji : 2011年12月20日 | コメント (0) | トラックバック (0)

リサイクルについて

一月前、「靴専科」という靴リフォーム会社に

以前履いていたレッドウィングのブーツと

クリフォードのビジネスシューズを修理に出した。

本日、受け取りに行って履いてみたのだが、

すばらしく彼らは、再生されていた。

靴、とくに皮が硬いワークブーツ系は自分の足になじむ

までは最低でも二、三ヶ月はかかるものだ。

まあ痛い思いもし、自分の足になじんだ靴が再生されて

帰ってくるのはうれしいものだ。

リサイクルとはよい職人が造ったものを長い間、使ってあげることだと思う。

よいもの、例えば、英国のクリフォードやアメリカのレッドウィングのシューズははう

まくりペアーしてあげれば一生履けると感じた。(LLP代表 岩藤)

Posted by iwafuji : 2011年06月30日 | コメント (0) | トラックバック (0)

消費税の不思議

最近、我々税理士業界の間で話題になった話です。

地主が土地を駐車場用地として、パーキング業者に

単純に貸し付ける場合、土地の貸付として、非課税となります。

ただし、地主が土地に舗装路面をし、駐車スペースの仕切線を作るなど

一定の造作をすれば駐車場としての施設の利用となり、課税売上となるのです。

これってなにかおかしいですよね。

地主が地代を得るという経済的効果は同じなのですが・・・。

消費税は竹下内閣でなかば強引に制度化した税制ですので、いたるところに

こうしたひずみがあります。(LLP代表 岩藤)


Posted by iwafuji : 2011年06月29日 | コメント (0) | トラックバック (0)

今年も始まりましたね。

年末調整の処理も終わり、私の会計事務所も

確定申告に向けて始動中です。ごぶさたしておりました。

今年はTPPへの加入に向けて東南アジアとの関係

がより重要になると思います。

特に中国ビジネスとの関連では、台湾、香港、マカオ

マレーシアなどの華僑のと人脈構築が重要になるでしょう。

中華人民共和国をよく知るアジアの華僑との関係が

あらゆる中国ビジネスの要諦であることは昔から言われてきたことですが、

今年は、より一層日本の中小企業にとって生き残りをかける切り札になると思います。
(LLP代表 岩藤)

Posted by iwafuji : 2011年01月23日 | コメント (0) | トラックバック (0)

暑い夏 政治脱却の年!

今年は本当に何時までも暑いですね。ずいぶん、記事をサボっていました。

申し訳ありません。

日本は経済一流、政治三流と言われて久しいが、

最近、民主党政権下でますますひどくなっているのを感じる。

小沢元幹事長が代表選に出る意味はなんなのだろう。

勝っても負けても支持率の低下と継続的政策の減退は否めない。

最近中小企業の社長さんによく申し上げるのはもはや、国の金融政策

、景気対策をあてにするのはよめようということ。

自らの力あるいは内外の中小企業の結束で

新たな販路を見出すしかないということだ。

ソフトバンクの孫社長が支援する中国向け販売サイト、

アリババなどを使うのも一つの手だ。とにかくアジアをはじめ

新興国市場に販売チャネルを獲得するしか中小企業の

生き残る道はないように思う。

いまこそ、新興国に出かけて人脈を築くときだ。

(LLP代表岩藤)

Posted by iwafuji : 2010年08月31日 | コメント (0) | トラックバック (0)

ustream実験

昨日、ハルカのメンバーでUSTREAMの動画ライブ

の実験をした。USTREAMとは無料で動画ライブを配信

できるシステムである。ハルカで初めての実況ライブということもあり、

中々うまくいかない。アングルを決め10分くらい発信して、

みたが、あらためて実況を再生してみるとなんと音声が出ていない。

おじさんたちが口をパクパクさせなにか発信しようと懸命なのは

わかるのだが・・・。偶然見ていただいた方には何とも異様な光景

であったでしょう。次回はリベンジします。
(LLP代表 岩藤)

Posted by iwafuji : 2010年06月09日 | コメント (0) | トラックバック (0)

アパレル青年とうとうMBA取得!

ハルカが以前から支援してきたアパレル青年

がこの度MBA(経営学修士)を晴れて取得した。

働きながらの通学で大変だったと思うが、

努力の甲斐あって、3年でめでたく卒業である。

今後は大学院で学んだ経営学を実践に生かして

ほしいと願う。

今週末にハルカメンバーで彼の祝勝会を開催する。

みんなでおいしいお酒が飲めそうである。

MBA取得を目指す若者よ!

気軽にハルカの門を叩いてください。
(LLP代表 岩藤)

Posted by iwafuji : 2010年03月14日 | コメント (0) | トラックバック (0)

今年の風景

今年は政権交代もあり、世の中の変化の予兆

を感じさせる年でした。

私の会計事務所のお客様である中小企業にとって

も本当に厳しい1年でした。

資金繰り悪化から廃業を余儀なくされた経営者、

大手企業の中国シフトから大幅に受注が減った中小企業

の数々、今年を振り返ってあまりよい話題がなかったのは

確かでした。

しかし、この二番底と思われる不況の中でも、

従業員を増やし、設備投資を増やしているお客様

がいるのも事実です。

どんな不況の中でもドラッカーがいうように「顧客の創造」

は可能なのです。来年こそはお客様の「顧客の創造」

の手助けができるハルカにしたいと思っています。

今年1年、当ファームをご支援いただいた方々、今後とも

よろしくお願いいたします。

よいお年をお迎えください。
(LLP代表 岩藤)

Posted by iwafuji : 2009年12月31日 | コメント (0) | トラックバック (0)

日本人のよいところ、悪いところ

昨日、ハルカの主要メンバー3人

で忘年会を開催いたしました。

その中で日本人論が話題に上り、私自身多いに

学ぶところがありました。

以下、全く私見ですが、日本人のよいところは集団や組織の目標

に個人的な目標を合わせられる柔軟性だと思います。

米国でキャプラン&ノートンがバランストスコアカード

(組織の戦略を個人の具体的目標に落としていく経営戦略)を

提唱するはるか千年前、歴史を見る限り、

鎌倉以降には日本人はこの意識を共有していたと思います。

ある刑務所の刑務官に聞いた話ですが、罪を得た刑務所の囚人が

自分たちのチームの生産効率を上げる

ため、プライドをかけて働くのは日本人だけだそうです。

また、悪いところは個人が組織に意思決定を全面的に任せてしまうことだと

思います。太平洋戦争がよい例だと思います。

長所、短所とも個人と組織の問題に関わっているのが、日本人

の非常にユニークな点だと思います。ただし、これは世界に類をみない

国民性だと感じます。

人間は一人では生きていけない。自然とともに身にしみて

分かっているのが日本人の感性ではないでしょうか。

(LLP代表 岩藤)

Posted by iwafuji : 2009年12月09日 | コメント (0) | トラックバック (0)

坂の上の雲 司馬遼太郎記念館

CA3A0047.jpg

CA3A0048.jpg

CA3A0051.jpg


先日、大阪へ私用で行った。帰りに以前から

行きたかった司馬遼太郎記念館を訪れてみた。

近鉄の八戸ノ里という普通電車しか止まらぬ駅

で降りると、改札口に記念館のパンフレットが置いてある。

地図に従い、静かな住宅街を歩くこと10分。

少し高台に司馬遼太郎の自宅があった。

表札のある玄関をくぐり、司馬さんの生前の書斎をながめながら

お庭を歩くと、すぐ、裏手に安藤忠雄氏設計の記念館がある。

なにより感動したのは司馬氏の高さ11メートルの壁面いっぱい

の大書架のイメージ展示である。彼の蔵書は二十万冊におよぶという。

その数と資料の多様さに圧倒された。

私がなにより気に入ったのはお庭の雑木林の自然のたたずまい

である。鳥が自然に巣をかけたくなるような庭でした。

帰りにふと空を見上げると、ぽっかり坂の上に大きな雲が浮かんでいた。

司馬さんのこころに少しだけふれることができた気がいたしました。
(LLP代表 岩藤)

Posted by iwafuji : 2009年12月01日 | コメント (0) | トラックバック (0)

民主党政権で税制はどう変わるのか?

先般の衆議院議員選挙において、民主党が圧倒的な勝利をえて、

歴史的な政権交代が実現した。

その後、民主党は「民主党政策集INDEX2009」を発行し、

税制改正法案の立案システム自体を大きく変更しようとしている。

すなわち、従来の政府税調を廃止し、財務大臣の傘下のもと政治家を

中心メンバーとする新たな政府税制調査会を設置し、

ここに税制改正の権限と責任をもたせようとしている。

したがって、民主党政権のもとでの税制改正は、従来の

党税調段階で行なわれていた諸団体からの改正要望の陳情は

影をひそめ、政治主導の政策決定とその過程の透明化方針のもとで

行なわれることとなった。

まずはお手並み拝見である。

民主党の税制改革に興味がある方はぜひ

以下の書籍をご覧下さい。

「民主党政権で税制はこう変わる!ーどうなる?国民のくらしと企業の経営ー」
「月刊税理編集局/編」定価900円

藤井財務大臣、仙石行政刷新担当大臣、峰崎財務副大臣、古川国家戦略室長
の対談がメインです。

(LLP代表 岩藤)


Posted by iwafuji : 2009年11月15日 | コメント (0) | トラックバック (0)

民主党政策でうるおう業種は?

以前、社会現象と経済現象の相関をテーマに

ブログの記事を書いたが、民主党政策との

相関で、今後、有望な業種を考えてみたい。

まず、エネルギー関連、これはいうまでもないであろう。

二酸化炭素の削減。国際舞台での発言の影響である。

次に、子ども手当の支給による教育産業への消費。

後は・・・ここで、はたと気がつくことになる。

産業政策の基本ポリシーが鳩山政権にはないのだ。

この国の産業を世界に対抗して、どういう構造に作り変えたいのか?

国民の目線を引き付ける政策にとらわれ、日本の経済再生のプログラムは

マニュフェストには明確に書かれていない。

ある意味、政権交代は日本の産業構造を世界に対抗できるように

創りかえるチャンスである。

思い切った政策を期待したい。
(LLP 代表 岩藤)

Posted by iwafuji : 2009年11月02日 | コメント (0) | トラックバック (0)

タバコ一箱600円時代到来か!

日本たばこ産業(JT)が14日発表した全国たばこ喫煙者率調査によると、

2009年の喫煙者率は前年から0.8ポイント低下し24.9%だった。

14年連続で低下し、1965年に調査を開始して以来初めて25%を下回った。

男女別に見ると、男性が0.6ポイント低下して38.9%、女性が1.0ポイント低下して11.9%

だった。

全国推計の喫煙人口は2601万人で、前年に比べ79万人減った。

この記事をみてどう思われるだろうか。

男性の約4割はいまだ喫煙者であり、また、女性の1割が喫煙者であり、

女性の喫煙率の方が低下の方が微減である。

私の実感では、女性の隠れ喫煙者は以外と多いのではないかと感じる。

また、アンケート調査では女性はデリケートな問題には正直に答えない傾向があるの

はマーケッターの間では常識である。

いずれにしても男性の4割が喫煙者だということは、否定できない事実

であり、一日一箱吸う人だと300円の値上げは一月約9000円の増税

であり、年間108,000円の増税になる。

喫煙者は、かくいう私も日々、肩身のせまい思いをして生活している。

景気回復しない中、嗜好品ぐらいはほっておいてくれませんかね。

民主党さん。どうもこの話題は喫煙者に分が悪い。
(LLP代表 岩藤)

Posted by iwafuji : 2009年11月01日 | コメント (0) | トラックバック (0)

25年ぶりの再会!ネットの力を実感!!

本日ハルカに一本の電話がかかって来た。

大学時代の4年間バイトを共にした後輩からであった。

バイト仲間で同窓会をやろうと私の消息をさがしていたらしい。

大学卒業後、住所と職業を転々とした私はどうやら消息不明に

なっていたらしい。

仕方なく後輩が検索をかけたところ、当ハルカのサイトに

行き着いたらしい。

おかげで来月の同窓会に参加することができました。

ネットというか検索の力を実感できた出来事でした。

やっぱすごいのね。情報化社会って。
(LLP代表 岩藤)

Posted by iwafuji : 2009年10月26日 | コメント (0) | トラックバック (0)

メンズジョーカーグリーンの衝撃

先日、ファミリーマートでめずらしい

雑誌を見つけた。キャッチは

「安い!でもカッコイイ!!
史上初の男性ファストファッション誌」だ。

その名はメンズジョーカーグリーン 略してMJG


ファストファッションとは最新の流行を素早く

取り入れ、短期間で売り切る、しかも低価格の衣料をいう。

スウェーデンのH&MやスペインのZARAアメリカの
フォーエバー21などが国際的に有名どころだ。

しかし、安くて最先端の服を買った消費者は服の

コーディネートに迷うことになる。

一つ一つのアイテムは最先端だとしても組み合わせ

は個々のセンスにゆだねられる。

そこでこの雑誌が登場してきたわけである。

この会社、マーケが最高にうまい!!

この雑誌の特集で一番私が気に入ったのは

売れっ子モデル、パトリシオを使った

「10万円/19点でOK!秋から冬への一ヶ月、着まわし計画」である。

内容は今年流行の靴2足、パンツ3着、Tシャツ2枚、ベスト1着、シャツ3枚、
ジャケットとブルゾン4着で一月を着まわしていこうという企画だ。

まあ、パトリシオのようにはいかないと思うが秋冬が楽しみになった。
(LLP代表 岩藤)

Posted by iwafuji : 2009年10月25日 | コメント (0) | トラックバック (0)

3月決算終了!

本日、私の会計事務所の21年3月決算の業務が

ほぼ、終了した。

日本の会社はほんと3月決算が多いのです。

先輩の税理士事務所は関与先法人のなんと23件が3月決算だそうです。

税理士一人と職員何名かの事務所としては殺人的な仕事量だと

感心しました。

私もこれからはコツコツ、ブログ更新していきます。
よろしくお願いします。(LLP代表 岩藤)

Posted by iwafuji : 2009年05月31日 | コメント (0) | トラックバック (0)

知識人の崩壊!?

今、私は3冊の本を同時に読んでいる。

大前研一氏の「さらばアメリカ」小学館、

中谷巌氏の「資本主義はなぜ自壊したのか」集英社、

そして、ポール・クルーグマン氏の「世界大不況からの脱出」早川書房

である。これらの本に共通しているのは、世界経済に対する明確な危機感である。

大前氏はアメリカのリーダーシップの低下を、中谷氏はグローバル資本主義の

限界を、クルーグマン氏は世界同時恐慌がなぜ起きたかを詳しく分析している。

ただし、いずれの本もこれからどうすればよいかという明確なビジョンは見当たらない。

3人のいずれの著者も、かつて政治に関与した経験があり、「それは政治の問題である」

というある種の諦観があるように感じる。

先が見えない時代に思い切った提案はできにくいのはよくわかるが、

世界のオピニオンリーダーである3氏に思い切った政策提言を期待したい。

政治家も彼らの提言に真摯に耳を傾けるべきであろうと思う。
(LLP代表 岩藤)

Posted by iwafuji : 2009年04月04日 | コメント (0) | トラックバック (0)

確定申告真っ盛り!

確定申告の時期がやってきましたね。

税理士である私はこの時期、市役所

などの税務相談に追われる毎日です。

今年は世界同時不況の影響で

納税者の方の表情も暗いのかな

と少し心配しておりましたが、さにあらず。

70を過ぎた、年金生活の方もみな、お元気

な様子で電卓をはじいておられました。

税務相談を受けながら、よもやま話をしてこられる

おばあさんよくおられます。

いろんな病院の先生の消息や

お子様やお嫁さんのお話をしてくれたり・・・。

忙しい毎日ですが、いろんな人に会える

楽しい日々でもあります。

皆さんもお早めに相談会場へお越しください。
(LLP代表 岩藤)

Posted by iwafuji : 2009年03月02日 | コメント (0) | トラックバック (0)

今年変わったこと、変わらなかったこと

今年も後、数時間で終わりですね。

企業にとっても、そこで働くサラリーマン

にとっても今年は本当に厳しい一年でした。

大晦日に、年末のお買い物に出かけました。

こんな不況の年でもお店はどこも盛況です。

買い物をするお客さんの顔に、せめてお正月ぐらいは

家族でゆったり過ごしたいという願いがこめられている

気がいたしました。

ふと、周りをみると、知人の姿。

すかさず、二人とも顔を見合わせ、「よいお年をお迎えください」

と挨拶です。日本人っていいなあとしみじみ思いました。

日本人の礼儀正しさ、慎み深さ、相手を思いやるこころ。

こんな国民性は世界のどこにもないと思います。

国も企業もこんな国民の力でここまで発展してきたのだと

実感いたしました。

人を大事にする企業しか生き残れません。

トヨタはいまや利益剰余金(純利益から配当や税金を払った残りのお金です)

が12兆を超えています。期間従業員を減らしても、年間300億

しかコストダウンできません。

いままで、何のために配当を抑え、内部留保を蓄えてきたのでしょうか。

10年前、当時の奥田社長が「経営者よ、クビ切りするなら切腹せよ!」

と気概を語っていました。

自動車に限らず、日本の大企業の社長はもっと人を大事にしてほしい

と思いました。

ハルカコンサルにご支援いただいた企業、個人の皆様

よいお年をお迎え下さい。
(ハルカLLP代表 岩藤)

Posted by iwafuji : 2008年12月31日 | コメント (0) | トラックバック (0)

今こそ企業のマインドを上げるとき!

世界同時不況と世の中は嘆いているが

ピンチの中にこそチャンスはあるものだ。

昨日、ガンバとマンUの試合を見た。

試合を見て感じたのは、攻めの中にこそ、自分を活かすヒント

が生まれてくることだ。

イングランドプレミアの試合を最近ずっと深夜見ているが、

マンUが3点取られた試合はほとんど、なかったのではないか。

ガンバの積極性に勇気を与えられた人も多いと思う。

最近、とくに若い経営者に申し上げたいのは、かつての

リクルートの社長、江副氏がよく言われた言葉だ。

「自ら機会を創り出し、機会によって自らを変えよ」
(岩藤)

Posted by iwafuji : 2008年12月19日 | コメント (0) | トラックバック (0)

GDPの成長は本当に必要なのか?

100年に一度と言われる金融不安の記事を

目にしない日はないこのごろである。

そこで、思うのはGDP成長がマイナスになる?

あたかも世の中がひっくり返るような騒ぎで報じているが

はたしてどんな意味があるのだろうか?

GDPなどつまり国家的な数字など関係なく

心豊かに暮らしている国がある。

マクロ的、国の豊かさと市民の生活には乖離

が少なからずある。

皆がおなじ豊かさを共有する時代は終わったのだ。

社会的なインフラがしっかりある国はGDPの名目成長など

もはや関係ない。

芸術やスポーツを楽しみそんなにお金をかけずに

楽しむライフスタイルをしっかり個人が持つ時代だ。

もちろん老後の生活プランを充足させる政策が

必要であろうが。
(岩藤)

Posted by iwafuji : 2008年11月02日 | コメント (0) | トラックバック (0)

定年力検定講師からの感想

第四回定年力検定が8月30日に終了しました。

当検定の東京第二会場で検定前事前研修で講師を務めました。

当検定は年金、保険、資産活用、税金、不動産、相続・贈与

といった幅広い知識のチェックを目的としており、定年後の

暮らしに役立つばかりではなく、就職を控えた学生や社内研修

にも役立つ検定だと感じました。

講師を務めた、税理士である私も知らない知識(とくに年金)があり非常に勉強

になりました。今後ともこの検定を当ファームでも世の中に広めていきたい

と考えております。
(岩藤)

Posted by iwafuji : 2008年08月31日 | コメント (0) | トラックバック (0)

まだ間に合います!ハルカの出版企画セミナーのご案内

まだ、後5名ほど空きがあります。
好評のため、起業家のための出版企画セミナーの第三回を企画いたしました。まだ聞かれてない方は

この機会にぜひご参加ください。

自社ブランディングや事業拡大のために本を出版しませんか?

自費出版ではない、企画出版のメリットや出版企画書の作り方を学び、出版を実現しましょう。

お申し込みは、お問い合わせボタンをクリックし、セミナー名と必要事項を記載して送信してください。

■日時
2008年7月30日(水)18時00分~19時30分(17時30分開場)

■参加費
1,000円/人

■会場
ちよだプラットフォームスクウェア 
会議室503(定員18名、先着順)
〒101-0054 東京都千代田区神田錦町3‐21

アクセス
地図 http://www.yamori.jp/modules/tinyd2/index.php?id=10
営団東西線竹橋駅 3b出口徒歩5分
営団千代田線大手町駅神田橋改札口からC2出口より徒歩5分

主催:ハルカコンサルティングファームLLP

プログラム詳細はセミナー案内をご覧下さい。
お申し込みは、お問い合わせボタンをクリックし、セミナー名と必要事項を記載して送信してください。

Posted by iwafuji : 2008年07月25日 | コメント (0) | トラックバック (0)

セミナーの最終ご案内

好評のため、起業家のための出版企画セミナーの第三回を企画いたしました。まだ聞かれてない方はこの機会にぜひご参加ください。

自社ブランディングや事業拡大のために本を出版しませんか?

自費出版ではない、企画出版のメリットや出版企画書の作り方を学び、出版を実現しましょう。

お申し込みは、お問い合わせボタンをクリックし、セミナー名と必要事項を記載して送信してください。

■日時
2008年7月30日(水)18時00分~19時30分(17時30分開場)

■参加費
1,000円/人

■会場
ちよだプラットフォームスクウェア 
会議室503(定員18名、先着順)
〒101-0054 東京都千代田区神田錦町3‐21

アクセス
地図 http://www.yamori.jp/modules/tinyd2/index.php?id=10
営団東西線竹橋駅 3b出口徒歩5分
営団千代田線大手町駅神田橋改札口からC2出口より徒歩5分

主催:ハルカコンサルティングファームLLP

プログラム詳細はセミナー案内をご覧下さい。
お申し込みは、お問い合わせボタンをクリックし、セミナー名と必要事項を記載して送信してください。

Posted by iwafuji : 2008年07月24日 | コメント (0) | トラックバック (0)

団塊の世代に熱く語る 啓蒙の書 「帰宅の時代」(新潮社刊)

林望氏 略してリンボウ先生の著作は斬新だ。

「帰宅の時代」というこのタイトルは団塊を始め、

多くの支持を受けるだろう。私がなによりもよいと思うのは

彼のそのプラス思考だ。いまの閉塞感のある経済社会情勢

は、自らのいままでの生き方を見直す絶好の機会と捉えていることが

素晴らしい。

この本の第一章は自分らしく暮らすための十ヵ条

第一カ条は 「家に帰ろう」だ!

「本来家庭は人間がリラックスして素顔をさらけ出せる場所です。」

「会社のみに向いていた目を、いま家庭に振り向ける・・・

(中略)その絶好のチャンスが今という時代なのだと」

著作の中でリンボウ氏は熱く語っておられます。

団塊の世代の方に限らずぜひご一読を。
(岩藤)


Posted by iwafuji : 2008年07月16日 | コメント (0) | トラックバック (0)

ロウアーミドルの衝撃

大前研一さんの「ロウアーミドルの衝撃」

という本を今読んでいる。

国税庁の民間給与の実態統計調査によると

給与所得者の実に78.9%が年収600万円以下

だそうである。大前氏は年収300万円以下をロウアー、

年収300万超600万円以下を

ロウアーミドルと位置づけている。前者は全給与所得者

の37.4%、後者は41.5%であり、合わせると8割弱である。

現在の個人消費に最大のインパクトを与えるのは

ロウアーミドルと位置づけている。

これに反して年収5千万円超のアッパークラスは増加しており、

日本は、日本人の意識に反して、もはや1億総中流社会ではない。

ぜひご一読を。
(岩藤)

Posted by iwafuji : 2008年07月13日 | コメント (0) | トラックバック (0)

会計事務所の周辺業務

確定申告も終わり、少し一息つこうかと思っていたら

さにあらず。法人の登記関係、社会保険や就業規則のご相談などが相次ぎ、

息つく暇もない。士業のネットワークを使い処理をお願いするが、資料の受け渡しや

経営者と各士業の方への紹介など雑事がたくさんある。

お客様の法務、税務、人事労務、経営指導を含めたワンストップ事務所は

今後の中小企業を支援する会計事務所としては喫緊の課題である。
(LLP代表 岩藤)

Posted by iwafuji : 2008年03月29日 | コメント (0) | トラックバック (0)

国のマインドを問われる時代・・・中国とアメリカ

インターネットが普及して何が変わったか。

それ、情報の即時性と現実感だ。

チベットの内乱(というより独立戦争か?)、

アメリカの株安と金融不安どちらもリアルタイムに

伝わっている。

中国は情報開示をせず、アメリカも大統領選を控え

思い切った手を打てない。

両国が今後の世界のリーダーシップ

をとるにつけ何が本当に必要か。

それは、情報開示である。

チベットで何万人(これも今までの数字の累積で )が何のために亡くなったのか?

アメリカで何万人の債務者が自己破産しなければ

ならないのか。

すべて情報化社会においては国家の威信も全く関係ない。

情報の速さと、ある程度の客観性にこそ価値があると思うのは私だけであろうか。
事実はすでに起ってるということだ。
(LLP代表 岩藤)

Posted by iwafuji : 2008年03月18日 | コメント (0) | トラックバック (0)

確定申告は日本人のマインドの縮図だと思う VOL.1

もうこの時期、確定申告も終盤に差し掛かっている。

15年税理士をやっていて、いろんな納税者の

方々を見てきた。

日本の納税者はやはり、生真面目である。

ご年配の方は、細かすぎるぐらい繊細に計算をし、これは

認められますかという方が多い。

しかし、お若い方はなんでこれが認められないんですかと

いう方が多い。

どちらも、日本人的だ。
(LLP代表 岩藤)

Posted by iwafuji : 2008年03月14日 | コメント (0) | トラックバック (0)

リアルタイトな事業承継について

先日、私の会計事務所の顧問先の事業承継について相談を受けた。

社長は70歳を過ぎており、承継もまったなしだ。

ただ、技術レベルは高く取引先も増加中。

半導体の技術においてはかつてはNASA

も問い合わせてきたほどの高レベル職人気質の社長である。


後継者は営業経験しかなく、技術レベルは社長の足元にも

及ばない。

結論を言えばひとを育て、社長の技術を若い人に伝えたい。

中小企業の先端技術を若い世代に伝え、残して、会社存続させる。

これは当ファームの一つの社会貢献であろうと思う。

(LLP代表 岩藤)

Posted by iwafuji : 2008年03月11日 | コメント (0) | トラックバック (0)

知らないとこれは損をする!住民税のローン控除

ファイルをダウンロード

      ↑            
給与所得のみの方のエクセルファイルです。


確定申告真っ最中である。

今年は国から地方への税源移譲で国税と地方税の税率が

大きく変化した。

そこで注意しなくてはいけないのが、平成18年以前に住宅を購入し、住宅ローン

控除を適用されている納税者の方たちである。

サラリーマンや自営業の方で、住宅ローン控除を控除して支払税額がゼロに

なった方は地方税の申告をしないと確実に損をします。

なお、この地方税の申告をすることにより、税額が所得税のように直接還付される

のではなく、申告された方は、市役所などがこの控除額を考慮して納付書をみなさん

に送付してきます。これは3月17日までにやらない手はありませんね。

上記、エクセルファイルは総務省のHPで公開しています。

サラリーマンの方は、3箇所数字を入れるだけで自動計算しますので便利です。

印刷し、お住まいの市役所や区役所に直接、郵送しましょう。自営業の方は

総務省のHPからダウンロードし、所得税の確定申告時に申告書と一緒に

税務署へ提出しましょう。

http://www.soumu.go.jp/czaisei/czaisei_seido/gengakusochi_1.html

(岩藤)

Posted by iwafuji : 2008年02月22日 | コメント (0) | トラックバック (0)

起業と再生どちらが優先課題か?

ハルカの岩藤です。

新年早々、アメリカのサブプライム問題に端を

発した金融、為替不安は日本の将来に暗雲を

もたらしている。

どうやら、新興国主導による新しいパラダイムに入った

のはまちがいないようだ。

そこで、日本はどうすべきなのか?

起業分野では再生医療などのバイオ関連、アニメ、ゲームなどの

コンテンツ産業、水素燃料などの新エネルギー産業などの育成が

有望である。

再生の分野では、いわゆる老舗でブランド力の高い企業や技術力の高い中小企業

のリエンジニアリングが大事である。

どちらが日本にとって喫緊の課題であるか。

私はまず再生であろうと思う。

日本人が世界に誇れる、町工場のマインドが詰まった

中小企業の再生と海外飛躍が日本人に勇気と自信を与え、

起業家のマインドを熱くしていくのだと思う。

少しの力でも、当ファームが貢献できたらと切に思う。
(岩藤)


Posted by iwafuji : 2008年01月14日 | コメント (0) | トラックバック (0)

同期が上場企業の社長に・・・?

本日、日経の新社長紹介の記事を何気なく読んでいると、

私と当ファームの生野さんが一年間通った、生産性本部の「コンサルティング1年講座」の

同期の顔写真が載っているではないか。

講座期間中は、彼とはよく遊び、よく学んだ?1年であった。

我々同期の代表として彼にはがんばってもらいたい。

本当に感動した一日でした。
(岩藤)

Posted by iwafuji : 2008年01月11日 | コメント (0) | トラックバック (0)

今年もあとわずか

ハルカの岩藤です。

今年もあと何時間で終わりです。

今年はハルカも色々な課題にぶつかった1年でした。

リセットして、新しい年を迎えたいですね。

当ファームを支援していただいた皆様よいお年

をお迎え下さい。
(LLP代表 岩藤)

Posted by iwafuji : 2007年12月31日 | コメント (0) | トラックバック (0)

デジタルムービーカメラ

ハルカの岩藤です。

今日、デジタルムービーカメラを新宿さくらやで買いました。

当LLPメンバーの森さんのお薦めもあり、

サンヨーのザクティにしました。

ハイビジョンの画質は確かにきれいです。

ただ、ネット配信するときは容量の問題があり、

かなり解像度を低くしないといけないのですが・・・。

どんどん動画をネット配信していこうと思います。

一番最初の配信は「ビジネスマン、学生のための

初心者向け簿記講座」にしようと思っています。

わかったようで分からない経理、簿記、会計

(どの言葉も初学者にはホントにわかりにくい)

を小学生でもわかるように長い時間をかけて

配信しようと思います。

よろしくお願い致します。
(岩藤)

Posted by iwafuji : 2007年12月28日 | コメント (0) | トラックバック (0)

起業家の4つの資質とは

ハルカの岩藤です。

起業家の四つの資質とは?


1.競争相手があなたにとうてい、追いつけない製品やサービスを持っているか?

2.何度もノーと言われて笑顔でいられるか?

3.あなたは不確定な状態が嫌いか?もし嫌いなら、やめたほうがいい。

4.優秀な人材を引き付けるパーソナリティを持っているか?


2や3はともかく1と4は自分自身、相当こたえます。
以上、J.ウェルチの「私ならこうする!」日本経済新聞社刊」より。
わかりやすくよい本です。ぜひ、ご一読を。

Posted by iwafuji : 2007年12月26日 | コメント (0) | トラックバック (0)

390円の切手をください!

ハルカの岩藤です。

本日のコンビニでのこと。

早期に郵送しなくてはならない書類があり

近くのファミリーマートに切手を買いに行った。

レジで「390円、切手をください」と私。

「あいにく390円切手は置いてありません」と若い女性の店員さん。

「いやいや何枚でもいいから390円分で・・・」と私。

「はいわかりました」と店員さん。

そして、おもむろに切手の入ったファイルを取り出し、390円分

を選び出そうとしているのだが、なかなか考えがまとまらない様子。

待つこと5分、恥ずかしそうに他の店員に助けを求めに行った。

ファイルの中をチラッとみると270円、90円、80円、50円、10円の

五種類が並んでいる。通常、我々は大きい数字を最初に選び出し

端数を何とか最小の枚数で決める。

390円の場合、まず270円選ぶとあと120円。

次に90円選ぶと、後30円なので10円3枚で終わりです。

私は何も、数学的に最小枚数を選び出せと言っているのでは

ありません。たぶん切手の選び方はコンビニのマニュアル

には書いてないのでしょう。昔の日本人はこれを「機転」といい

商売人の基本動作でした。
(岩藤)


Posted by iwafuji : 2007年12月21日 | コメント (0) | トラックバック (0)

中小企業の事業承継セミナー

当LLP岩藤コンサルタントによる「事業承継セミナー」です。

セミナーのテキストをダウンロードして動画をごらんください。

セミナーのテキスト(エクセルのファイル)をダウンロード

Posted by haruka-consul : 2007年12月13日 | コメント (0) | トラックバック (0)

中小企業経営者に必要とされるセミナーは何か?

先日、ある生保から中小企業経営者向け

セミナーの仕事を個人的に受託した。

内容は今、社長が経営で一番悩んでいること

をやってほしいとのこと。

議論の中で出てきたタイトルは

「税理士が教えない、賢い決算対策 」

「キャッシュフロー経営で第二創業をめざそう」

「会社の数字はここを見る!会計からの経営革新」

「後継者を育てよう!現場からの事業承継」

社長のみなさん、どれが一番聞きたいですか?
(LLP代表 岩藤)

Posted by iwafuji : 2007年12月11日 | コメント (0) | トラックバック (0)

熱海にこもるの記

今週半ばから熱海の安いビジネスホテルにこもって

かねてから自分の懸案であった本を書こうと思っています。

偶然、古い友人のコンサルも原稿が溜まっている

らしく、二人で合宿をはることにした。

まったく別のテーマでの執筆なので

お互い干渉しあうことはない。

同じ環境で戦っている、戦友が近くにいるのは

頼もしい。
(LLP代表 岩藤)

Posted by iwafuji : 2007年12月03日 | コメント (0) | トラックバック (0)

働きマン

今日、日テレの新ドラマ「働きマン」を見た。

個人的に菅野美穂さんの透明感のあるキャラ

が昔から好きなので、彼女主演のドラマはすべて

みている。

このドラマは働く女子のワークライフバランス

をリアルに描いていてとても好感がもてる。

でもほんとこうだよなあ。と共感したのはいまの働く女性の

仕事に対する真摯さである。男社会でハンデを負わされている

分、就職活動の時から彼女たちは真剣である。

しかも、入社してからもたえず危機感をもって、スキルアップ

していこうとするのは彼女たちである。

日本の男子たち、仕事に対する気概をどこに忘れてきた!

そう思わせられるよいドラマです。ぜひ一見を。
(LLP代表 岩藤)

Posted by iwafuji : 2007年10月10日 | コメント (0) | トラックバック (0)

明日から神戸です

神戸のレストランの業務改善のコンサルティング

の受注をいただき、明日から主要メンバー3人

でコンサルティングに向かいます。

初めての関東エリア以外の受注でみんな張り切っています。

よい報告が出来るようがんばります。
(LLP代表 岩藤)

Posted by iwafuji : 2007年09月14日 | コメント (0) | トラックバック (0)

エステ業界のコンサルティング

一月前に受注した、あるエステティクサロンのコンサルティング

が終了した。何といっても女性がメインターゲットの業界である。

しかし、ハルカの主要メンバーはおじさん3人の集団である。

そこで、臨時アルバイトとして、うら若い女性にお手伝いを

お願いした。覆面調査員である。事前にこちらが作成した

アンケートに記入していただいたのだが、やはり、女性に

お願いしたのは大成功でした。我々、おじさんでは1年かけても

分かりえない情報と改善ポイントが満載のアンケートがでてきました。

現場主義の大切さを実感した出来事でした。
(LLP代表 岩藤)

Posted by iwafuji : 2007年09月06日 | コメント (0) | トラックバック (0)

ふるさと納税の行き着くところ・・・ 外国税額控除

ふるさと納税 税理士である私はよいと思う。

ようやく、税のとられ方だけでなく、

税金の使い道に視点が移ったようだ。

僕はふるさとだけでなく、支援したい国、好きな国に税額を

分配するシステムをつくるべきだと思う。

例えば、オーストリアが好きな人は税額の三分の一

をそこで納税し、日本で三分の二をはらう。

ふるさと納税条約締結国同士は自国で税額控除を受け、納税額

は変わらない制度をつくればよい。

例えば、ある外国に納税した人の累積額が、1000万

を超えれば永住権を与え、自国民として待遇する。

こんな制度が出来れば真のグローバル化になると思う。
(LLP代表 岩藤)

Posted by iwafuji : 2007年08月29日 | コメント (0) | トラックバック (0)

野武士の風格・・・ イチロー、闘莉王

最近、サッカーや野球を見ていて感じる。

海外で活躍する日本人は、本来の日本人の

いい顔をとりもどしつつあるようだ。

明治、大正、昭和初期の男の顔には、今写真をみても

ある種の風格がある。

イチロー選手が腕まくりをしながら、バッターボックス

に立つ姿は野武士の風格を漂わせている。

最近、私が大好きな顔は半年ぶりに日本代表に帰ってきた

浦和の闘莉王だ。

彼の顔はまさに明治の男の面魂(つらだましい)をもっていると思う。

絶えず、孤独で海外で闘ううちにこういういい顔になるのだろう。

彼らをみていると、こういう顔になれるように絶えず

自分を磨いていこうと思う。

(LLP代表 岩藤)

Posted by iwafuji : 2007年08月24日 | コメント (0) | トラックバック (0)

試供品には目がないの!

先日の日経の記事である。

渋谷区のサンプルラボという施設は化粧品や食料品

など約百種類の試供品を配布する専門店だ。

20代30代の女性を中心に入場制限がでるほど。

入会金と年会費で1,300円はかかるが、一日五個

まで無料で持ち帰れる。アンケートに答え、ポイントを貯めると

一日10個まで無料になる。チラシ配布の会社が立ち上げ

たお店らしいが、路上配布とはちがい、お客様への訴求力

は抜群だ。企業からの出店依頼が多いのもうなづける。

ビジネスモデルとして最近非常に興味をもった事例です。
(ハルカコンサルティングファーム 代表 岩藤)

Posted by iwafuji : 2007年08月08日 | コメント (0)

ハルカメンバー出演、講演収録しました!

先週末、ハルカのメンバーの講演のビデオ収録

が終わりました。メンバー全員で検討し、収録自体

も我々の手でやりました。近日中に公開いたします。

お楽しみに・・・。
(LLP代表 岩藤)

Posted by iwafuji : 2007年07月14日 | コメント (0) | トラックバック (0)

ハルカの今後について

本日、創業メンバーの3人で月に一度

の会合を持った。今後は音声や映像を使った、表現力豊かな

リッチメディアを使い、どんどんブログサイトのセミナーを

展開して行こうということになった。

早速、来週から撮影、収録に入ります。

例えば、こんなテーマです。「おじさんのためのブログ

作成講座」、「営業マンのためのー社長が喰いつく財務トーク入門」

どれも分かりやすく落とし込んでいきます。乞うご期待です。
(LLP代表 岩藤)

Posted by iwafuji : 2007年06月21日 | コメント (0) | トラックバック (0)

郷里の風景

DSCN1803.JPG
先週ひさびさに郷里に帰ってきました。

郷里からまた、旅に出たのですが・・・。

この家は15年前に私の父親が基礎工事から自力で65歳

の時にたてたものです。今では古くなり、

あちこちガタが来ていますが、父のそのバイタリティ

にはあきれた記憶があります。その父ももう80です。

よい休暇でした。
(LLP代表 岩藤)

Posted by iwafuji : 2007年06月14日 | コメント (0) | トラックバック (0)

毒蛇は急がない・・・。 自分だけのための休暇について

来週、自分のためだけに休暇をとろうと思いたった。

自営業はいつでもちょこまか、休める代わりに、まとまった

休暇がとりにくい。顧客を失うのではないかという危惧を

抱えて今まで、生きてきた。

独立して10数年、いささか自分の

本当にやりたいことも見えてきた。ただ、日常業務

に追われてなかなか、夢を現実にできていなかった。

ゆったり自分の夢を実現するための時間にしようと思う。

毒蛇は急がない。じっくり考えてみる時間も時には必要だ。
(LLP代表 岩藤)

Posted by iwafuji : 2007年06月03日 | コメント (0) | トラックバック (0)

3月決算終了!

長い長いみちのりであった。3月決算法人の申告が

今、なんとか終わりました。どこの会計事務所も同じ

だと思いますが、私の会計事務所もほんとに

この一週間はきつかった。

「なんで3月決算やねん」と呪いたくなる日々

でしたが、お客様はありがたいものです。

決算お疲れ様でした。終わったら、一度ゆっくり飲みにいきましょう

と顧問先の社長に言われて疲れも吹っ飛びました。

明日から記事もたくさん書いていこうと思います。

がんばります。
(LLP代表 岩藤)

Posted by iwafuji : 2007年05月30日 | コメント (0) | トラックバック (0)

社会起業家について

今日放送の「ガイアの夜明け」でソーシアルベンチャー

社会起業家の若者が出演していた。

彼は子どもが37.5度以上の熱を出したとき、保育園

が預らない現状を知り起業を思いたったようだ。

確かに、働く母親を支援し、社会問題を解決しよう

とする姿勢は正しい。ただし、ビジネスとして、人件費

を払うと、採算がとれないようである。

そこで、彼はエリア拡大を思い立ったようである。

キャパシティを広げれば、数を増やせば

コストを吸収できるのではないか。

いかにも男の発想である。

NPO法人の相談所みたいなところへ彼が相談にいくと、

介護を20年来やっている女性に、エリアを増やせば、

サービスの質の低下が必ずおこる。まずは足元をかためて

サービスの質を確立することが重要だとアドバイスを

受けていた。

この女性に全く同感である。サービス業はサービスの内容、お客様に

なにが提供できるのか。

どうすればそのサービスを維持できるのか。

を自問自答することからはじまる。

社会起業家の出現は日本にとって、よろこばしいことだと思う。

なにより、自己実現を達成したい人の起業をさまたげては

いけない。ドラッカーも予想しているように、21世紀はNPOが

社会的に大きな力を持つ時代である。
(LLP代表 岩藤)

Posted by iwafuji : 2007年05月23日 | コメント (0) | トラックバック (0)

地方版 再生機構創設へ

今日の日経一面の記事である。

今年、3月に解散した産業再生機構の地方版を

政府は来春に創設するようだ。

産業再生機構はいろいろ批判もあったようだが、

ダイエーやカネボウを再生させ、官民共同の事業

として大成功をおさめためずらしいケースであろうと

思う。成功したこの事業をマスコミも国民ももっと

誉めてあげるべきであろうと思う。

民業圧迫の批判もあったが、政府管掌でないとできない

事業も再生現場には確かにあるものだ。

それは金融機関の債権放棄、メインバンクとそれ以下の

銀行との利害調整である。これは再生機構に政府という

強力な後ろ盾があったからである。

この地方版の再生機構も政府と各自治体の後ろ盾による

銀行に対する支援要請がカギとなるに違いない。

中小企業の再生なくして、本当の日本の景気回復はありえない

と思う。
(LLP代表 岩藤)

Posted by iwafuji : 2007年05月19日 | コメント (0) | トラックバック (0)

なんと、日本の中小企業の数は160万社!

日本にある会社の数はおよそ160万社強であると言われている。

上場している企業は、およそ4000社しかないから、160万社はほとんど

中小企業と呼んでよいのではないか。4000対160万。

つまり、数で言えば、0.25%の企業を対象に様々な分析に基ずく商品が

開発されているのが日本の現状である。

B TO Bの現場では、確かに上場企業は従業員の数も多く、発言力も影響力も大きい。

中小企業に対する市場は顧客を細かくセグメントすれば、これから無限大であろうと思う。
(LLP代表 岩藤)

Posted by iwafuji : 2007年05月14日 | コメント (0) | トラックバック (0)

生命保険の女子営業職研修をやりました。

先日、生命保険会社で営業の第一線に立つ、

女子保険外交員の研修を行った。法人向け

営業を強化せざるを得ない生保各社は研修

に力を入れ始めている。

研修内容は会社の社長さんとダイレクトに

話せる財務の基礎知識であった。

一見難しそうな内容であるが、かなり、分かりやすく

落とし込んだつもりである。

そのせいか、みなさん熱心に受講していただき、

受講者のアンケートをみるとこの研修をシリーズ化

して今後も聞きたいとほとんどの人が書かれていた。

どこで講演をやっても女性はストレートに反応し、

吸収しようという熱意がすごい。

本当に女性のパワーとあたたかさにふれ、

講師冥利につきる一日であった。
(LLP代表 岩藤)

Posted by iwafuji : 2007年05月10日 | コメント (0) | トラックバック (0)

母からのすばらしい贈り物、育児記録のススメ!

連休中、事務所の本や資料を整理していたら、私物

の中から母親が私の出産時から一歳までの出来事を

綴った育児記録がでてきた。
image0001.jpg
image0002.jpg
由あって、私の産みの母親は父親と離婚し他家に嫁いだ。

私が二十歳になったころ、会う機会があり、そのとき

渡されたものであり、当時は読む気もしなかった記憶がある。

こう綴ってあった。「今までの痛みも忘れて、私はただ心ひそかに

微笑む。

いとしい我が子よすこやかに、強く正しく大きくなって呉れる事を

祈るのみ」と

いま人の親となり、読んでみるとなんと親はありがたいものである。

どんなにつらいときでもこれを読み返せばまた、私は立ち直れるだろう。
(LLP代表 岩藤)

Posted by iwafuji : 2007年05月06日 | コメント (0) | トラックバック (0)

同業者に講演はむずかしい?

昨日、税理士仲間の勉強会で講師を務めた。

事業承継のテーマで一時間程度しゃべったのだが・・・。

基礎的な内容なのだが、相続税、法人税制などにやたら

詳しい人がいて、やりにくいことこの上ない。

基礎からもういちど勉強しなおすぞーと。

講演をやった本人が勉強をさせられた一日でした。
(LLP代表 岩藤)

Posted by iwafuji : 2007年04月27日 | コメント (0) | トラックバック (0)

MBAについてーめざせドラッカー

経営学修士である。世の人はこのMBAについて

あまりに難しく考えすぎたとおもう。

マスターは研究者としては、入門の途についたにすぎない。

大学生の学士論文を俗にニッケル、(外だけきらびやかで内容がない)

と欧米では言うらしいが、MBAの修士論文はまだ銑鉄だ。

ビジネスに活かしてなんぼの学位だと思う。

志ある人は、MBA取得を経緯として、

ビジネスを学問として極め、どんどん実践に活かして

いってほしいと思います。
(LLP代表 岩藤)

Posted by iwafuji : 2007年03月25日 | コメント (0) | トラックバック (0)

アパレル青年のその後

ハルカコンサルでMBAの取得のための支援をしている

アパレル青年が大学院の一次試験を見事、突破した。

あとは面接の2次試験を残すのみだ。

これも事前に想定問答を考え、練習ずみである。

あとは彼の幸運を祈るのみである。
(LLP代表 岩藤)

Posted by iwafuji : 2007年03月04日 | コメント (0) | トラックバック (0)

確定申告真っ盛りです!

三月十五日までは我々、税理士業界では

飲みにも行かず、確定申告の仕事に集中と

いうのが常識となっている。

でも、私のほとんどのお客さんは個人自営業者

の方も法人化して、比較的暇である。

ゆっくり本でも読もうかな。
(LLP代表 岩藤)

Posted by iwafuji : 2007年02月26日 | コメント (0) | トラックバック (0)

アパレル青年! MBA取得なるか?

本日、ハルカがサポートしているアパレル青年が

MBA取得のため、さる日本の大学院に入学願書を提出

しました。志望動機の相談から主要メンバーがサポートしており、

合格は間違いないと確信しています。

今後もリアルタイムでMBA取得までサポートしていきたいと

思います。
(LLP代表 岩藤)

Posted by iwafuji : 2007年02月18日 | コメント (0) | トラックバック (0)

初心者向きネット簿記講座は需要ありか!?

いろんな会社の事業再生、起業指導をしていて

いつも思うことがある。会社の経営者も幹部クラス

も経理にあまりにもうといことである。

これでは会社の経営戦略もミドルには浸透しがたいのではないでしょうか。

経理部はともかく、営業畑や技術畑を長年歩いていると、

いまさら一からなかなか、経理を勉強する気になれないようだ。

私がいいたいのは、経理のすべてを把握しろといっているのでは

ない。経理の計算の構造つまり、財務諸表の製造工程を簡単に

把握できる講座はないものかということである。

いずれ、当ハルカでも、いつでも見れる、ネット上で手がけてみたいと考えておりますが、

みなさん受講されたいですか?予定では、30分の講義で、10回程度を想定

いたしております。ご意見をぜひお聞かせください。
(LLP代表 岩藤)

Posted by iwafuji : 2007年02月07日 | コメント (0) | トラックバック (0)

本日、起業セミナーの収録しました

本日、起業講座の収録を株式会社 メディアサイト様

で行いました。その映像がもうブログにアップされました。

自分の講演の映像がその日のうちに見れるとは・・。

うれしいやら恥ずかしいやら。IT技術に感激した一日でした。

メディアサイト様、ハルカ関係者、メンバーの皆様ありがとうございました。
(LLP 代表 岩藤)

Posted by iwafuji : 2007年01月31日 | コメント (0) | トラックバック (0)

あけましておめでとうございます

早いもので、二月で、ハルカコンサルティングファームも二年目

を向かえます。団塊の世代、ニートやフリーター

の起業、また、あらゆる悩みを抱える中小企業に

スポットをあて、起業相談、事業再生に

全力で取り組む年にしようと思っております。

旧年中ご支援をいただいた皆様、本年もよろしくお願いいたします。

また、今年新たに出会う方々にも誠意をこめて!

(LLP代表 岩藤)

Posted by iwafuji : 2006年12月31日 | コメント (0) | トラックバック (0)

今年変わったこと、変わらなかったこと。

今年、2006年はあらゆる分野で変革が起きている。

まず、橋梁談合、構造計算疑惑など、制度的な官製談合が非難をあびたこと。

これは、小泉内閣で、官から民への権限委譲が試験的に施行されたこと

が大きいと思う。この流れに伴い、民間企業などのの産官学の連携はこれから

大きく飛躍すると思う。

また、格差社会が顕在化したこと。

下流社会、ニートフリーターの増加が改めて認識された年

でもあった。

団塊の世代、団塊ジュニア世代を捉えたマーケティンク゛

元年の年でもあった。

しかし、情報系の発達、進化が人間を本当に豊かに

するのかを改めて考えさせられた年でもあった。

Web2.0,SNS(MIXYなど)が人を幸せにするかはまったく疑問である。

人間系のシステムを捉えきれるまで、まったくITは発達

していないし、これは永遠の課題であろうと思う。
(LLP 代表 岩藤)

Posted by iwafuji : 2006年12月31日 | コメント (0) | トラックバック (0)

年賀状について

今、必死で年賀状を製作中です。

新年の一言はその相手に対する

自分のメッセージ、思いだと思う。

メールでよいよ、と言うひともたくさんいると思う。

でも、日本人ならば、一言、近況なり、抱負を伝えたい。

古風もよいものです。
(LLP代表 岩藤)


Posted by iwafuji : 2006年12月30日 | コメント (0) | トラックバック (0)

よい歯医者さんについて

本日、今年最後の歯医者さんの治療をおえた。

今、私が通っている歯医者さんは最高だ。

よいのは、初診のとき、必ずどうしたいのか患者さんの

希望を聞く。そしていま患者さんの歯の

状態がどうなっているのかデジカメで

撮りながら説明してくれる。

改善後の状態も治療が終わった時点で

患者に歯医者さんの解説含みで納得しながら見せてくれる。

経営指導と同じだなと感じる。

次に打つべき点も患者の希望を重視して

改善治療法を指摘してくれる。

我慢して歯医者に通う時代は終わったきがします。

インフォームドコンセントが重要と医療改革を説く医者

はもはや時代遅れと感じた一日でした。
(LLP代表 岩藤)


Posted by iwafuji : 2006年12月29日 | コメント (0) | トラックバック (0)

クリスマスについて

イブの夜皆さんどうお過ごしですか?

お正月は抜きにして、クリスマスほど

国民的行事になっているイベントは他にありませんね。

日本人のほとんどがクリスチャンやプロテスタントでない国民にしては、

戦後から一貫して衰えない行事です。リリックな日本人に訴求する

イベントなのでしょうか。今もって不思議です。

一時期、日本にも、パリ祭というイベントもあったようですが、

今は忘れ去られています。

とりあえずメリークリスマスです。
(LLP代表 岩藤)

Posted by iwafuji : 2006年12月24日 | コメント (0) | トラックバック (0)

年の瀬に

今年もあとのこりわずかになりました。

たくさんチャレンジしたこと、反省することもたくさんの1年でした。

このファームを応援していただいた皆様、心から感謝いたします。

まだ、今年もあと10日あまり。全力で闘おうと思います。
(LLP 代表 岩藤)

Posted by iwafuji : 2006年12月19日 | コメント (0) | トラックバック (0)

ベイズの確率論について

本日の日経朝刊に英国のアマチュア数学者ベイズ

の確率についての記事があった。

従来の確率は、未来に起こる出来事の起きやすさを表現する

ものであった。しかし、ベイズの確率はすでに起こった出来事を推定

し、将来の行動に役立てようというものだ。

この考えの特徴は、主観的な事前確率を最初に設定することである。

例えばこういうふうらしい。

自分の好きな彼女が自分に好意を持っている確率は

何%かという命題の場合、まず、とりあえずの推定を五分五分

の50%とおいてみる。

次にこの推定を確かめるためにメールを彼女に送るとする。

ここで、自分の経験などから、好意があるなら、返事が来るのは90%、

好意が無い場合は30%とここでも仮定を置く。

果たしてすぐに返事が彼女から送られてきた。

しかも絵文字入りだ。

ここで証拠に元ずく事後確率の再計算を行う。

つまり、好意ありの確率は50%×9割=45

好意無しの確率は50%×3割=15


45:15=3:1となり、4分の3(75%)の確率で彼女は自分に行為ありと

最初の50%を修正するのである。もちろんこれで、終わりではなく、より多くの事実

を集め推定を確かなものに仕上げていく。

まず仮説を置き、メールなどで実験を行い、仮説を修正し、

さらにあらたな事実を集め精度をあげていくところに特徴がある。

これを会社経営にあてはめると、外部環境や内部環境の現状分析は充分行うが、

社長の経験や勘にもとずく、仮説をたて、これを市場で実験し、さらに仮説を修正し、

意思決定に活かしていくことだろう。すでにネット書店や迷惑メールのソフトウェア

にこのベイズの確率推定理論は利用されているそうである。
(LLP代表 岩藤)

Posted by iwafuji : 2006年12月03日 | コメント (0) | トラックバック (0)

視野狭窄について

先日、NHKの手話の先生の中野佐世子さんの話

を聞く機会があった。その中に年齢を重ねるにつれ、人は

自分の目で見える視界がだんだんせばまるという話があった。

若い頃130度の視界であったのに、年齢を加えるにつれ、

だんだん90度くらいになるというのである。

これは、視力に限らず、人間の頭脳視野にもあてはまる

と感じた。としを重ねると、知的好奇心をなくし、自分の狭い経験のみで

物事を判断しがちである。そんなこともあるかもしれないという

頭脳視野の広さを失うのである。
(LLP代表 岩藤)

Posted by iwafuji : 2006年11月27日 | コメント (0) | トラックバック (0)

キャッシュフローについて

今日、ある生保て゛キャッシュフローの講演をした。

キャッシュフローの要諦は社運をかけた投資以外は、営業キャッシャフローの

範囲内で設備投資を行うかだけだ。

つまるところは営業キャッシュの増大を設備投資

や財務のキャッシュフローで支援できるかどうかである。

当たり前のことを講義をやりながら確信した。

よい一日でした。
(LLP代表 岩藤)

Posted by iwafuji : 2006年11月23日 | コメント (0) | トラックバック (0)

事業承継の難しさについて

本日、事業承継の講演を青色申告会で行った。

みなさん、現役経営者か後継者の方で税務対策を中心にお話

をさせていただき概ね好評であった。

税務対策はひとまずおくとして、事業承継の一番の課題は

父親である経営者と後継者である息子、娘の世代間のギャップ

である。一概にいえないが、先代経営者は過去の成功体験に

とらわれ、後継者のよいところを引き出すことをしない。

後継者は後継者で、先代の顔色を伺い、自分の自己主張ができない。

このギャップをうめ、後継者を桧舞台に引き出し、OJTで教育を行い、

社長に実力を認めさせ事業承継させるのが重要だ。

人は舞台に立たせ、責任を持たせれば、

それなりの働きをするものである。
(LLP代表 岩藤)

Posted by iwafuji : 2006年11月15日 | コメント (0) | トラックバック (0)

プリモプエルについて

menu_puel02.gif
今日の日経にバンダイのおしゃべり人形「プリモプエル」

の記事が載っていた。この人形は音と光に反応し、

挨拶などのおしゃべりをするようだ。

おもしろいのは、仮想の幼稚園もあり、制服セット

を買うと入学でき、プリモちゃんの親同士はネット上で

こども(プリモ)自慢をしたり、情報交換をすることだ。

主なユーザーは子育てを終わった中高年の女性で、

全ユーザーが70万人を突破したというから驚きである。

「誰とでも双方向につながる」が最近のキーワード

のようだ。
(LLP代表 岩藤)

Posted by iwafuji : 2006年11月07日 | コメント (1) | トラックバック (0)

海上自衛隊、護衛艦に乗る!

20061107_01.JPG
20061107_02.JPG
20061107_03.JPG
20061107_04.JPG
20061107_05.JPG

業界の研修で海上自衛隊、横須賀基地の護衛艦「しらゆき」に乗る機会があった。
船の名前はしらゆきと可愛らしいが、対空戦ミサイル76ミリ砲や潜水艦用ミサイル ハープンを搭載した
戦艦であった。広報担当の自衛官も感じのよい方ばかりで説明も分かりやすかった。
一番上の写真は25年以上経って、廃船になった潜水艦です。
事前に団体でお願いすれば、どなたでも乗艦できるようです。秋の社員旅行などを
お考えの方はぜひ。
(LLP 代表 岩藤)

Posted by iwafuji : 2006年11月03日 | コメント (0) | トラックバック (0)

お金が貯まる面白い本発見!

DSCN1381.JPGDSCN1382.JPG
書店のかたすみに、「世界一周旅行で10万円を貯まる本」というのを、

見つけました。東京から出発して最後にはあなたの街に帰ってきます。

各都市ごとに500円玉を埋め込む穴が付いていて、ここにそのつど

いれていく趣向です。各都市ごとに簡単な案内がついており、

地理の勉強にもなります。全部貯まると10万円で2キロの重さになり、

表紙を裏返すと世界文学全集になっています。

お金が中々、貯まらない私にはぴったりの本です。
DSCN1383.JPG

(LLP代表 岩藤)

Posted by iwafuji : 2006年10月31日 | コメント (0) | トラックバック (0)

サラリーマン金太郎について

最近、忙しくコラムが停滞してしまった。

仕事であまりに煮詰まったとき、見るサイト

がある。USENのGyaoのアニメ番組である。

サラリーマン金太郎のアニメ版が20話ぐらいあり

思わず見てしまった。

10年ほどたって、改めて見てみると、関心する

箇所やそのとき気づかなかった発見がありおもしろい。

サラリーマンの閉塞感や会社に対する切実な思いがストーリー

になっており、深夜にひとりで感動してしまった。

さあそろそろまた、仕事にとりかかろう。
(LLP代表 岩藤)

Posted by iwafuji : 2006年10月30日 | コメント (0) | トラックバック (0)

4つの競争戦略

企業が商品を製造販売する場合、4つの競争戦略が取れます。
強い戦略の順に記載します。

① 独占戦略
② 差別化戦略
③ セグメンテーション
④ コスト競争

独占戦略は、特許を取得して独占的に販売するなど、市場を独り占めする戦略を言います。
紙面に最近多く登場している「談合システム」も、限られた集団が受注を独占するための仕組みの一つで、独占戦略です。(生野)

続きを読む

Posted by shono : 2006年10月29日 | コメント (0) | トラックバック (0)

うつ病について

最近、知人友人のなかでうつ病と診断された人が

少なからずいる。

共通しているのはみんな生真面目で責任感の強い人だ。

どんなに苦しくても、愚痴をいわず、自分の職責や人間

関係を全うしようとして苦しみ、この病気を発症するようだ。

そういう意味で現代人はみんなうつ病になる素質をもっている。

私の好きな作家で、自身も躁うつ病であった、中島らも

は日本人は人種的に昔から、うつ病体質であったと

ある対談で言っている。

日本人は農耕民族であり、しかも国土は亜熱帯の気候である。

農作物は台風などの風水害、稲の寄生虫、人間も風土病

地震などの天災の恐怖にいつもさらされている。

たえず身近な脅威と不安に苛まれている民族であるし、

いまもそうであると彼は述べている。

うつはクスリで治る病気だとも彼は述べています。

不安に苛まれたらまずは、病院にいきましょう。
(LLP代表 岩藤)


Posted by iwafuji : 2006年10月24日 | コメント (0) | トラックバック (0)

藤原新也さんの写真について

DSCN1311.JPG
学生のころからこのひとの写真がすきであった。

「インド放浪」、「東京漂流」などなどの写真と小説はすばらしい。

この人が撮ると、無機物まで、魂が透けて見える気がする。

この写真は彼が四国のお遍路に旅立ったときに

に偶然見つけたお地蔵さんを撮ったものだそうです。

何かを訴えているようにも、祈っているようにも見えます。

この本は文春文庫から出ています。ご興味のある方はぜひ。
(LLP代表 岩藤)


Posted by iwafuji : 2006年10月18日 | コメント (0) | トラックバック (0)

釣堀オープンしました。

rodeo_open.jpg
当事務所のお客様です。

管理釣場、ロデオフィッシュが夏休み期間を終え、

再オープンいたしました。めっきり秋めいてきたこの次期

にレインボートラウトやブラウントラウトに出会いにいくのも

楽しいですよ。

(LLP 代表 岩藤)
http://www.rodeo-fish.com/index.html

Posted by iwafuji : 2006年10月18日 | コメント (0) | トラックバック (0)

車椅子のミュージシャンの起業

日経BP社のHPを見ていたら、ハートフルパワー代表の竹田

英雄さんの記事が出ていた。彼は高校生の時、多発性硬化症という

難病にかかり、胸から下の神経が麻痺してしまった。

情報系専門学校でフログラムを学び、卒業後プログラマー、

執筆活動、ミュージシャンと多種多様の職歴の持ち主である。

現在は障害者の自立を目指すハートフルパワー株式会社

を設立し、主に「ありがとうマイ箸」という野球のバットの廃材

を再利用した、箸の製造販売を行っている。

彼はインタビューの最後に僕、がんばっているように

見えますか?ぼくがこれまでやってこれたのは世間知らず

だったから、「あれをやってはいけない」、「そんなのはおかしい」

という世間の常識を身につけたら自分は終わると僕はおもっています。

障害者だからできないなんて絶対に考えませんと語っている。

まさに不屈の起業家魂である。

私は先日から歯が痛く、仕事が手につかないなどと、ぼやいていた

自分が情けなくなった。彼の記事については以下をご覧ください。http://www.nikkeibp.co.jp/style/biz/person/positive_worker/061010_takeda1/index.html
(LLP代表 岩藤)

Posted by iwafuji : 2006年10月10日 | コメント (0) | トラックバック (0)

中島らもについて

ひそかな、らもファンである。

彼の死後二年経ち、最近出版された「なにがおかしい」

を読んだ。この本はCDが付いており、このCDには

彼がゲスト出演したラジオ番組で、お蔵入りとなった

対談が入っている。このCDだけでも二千六百円の価値がある。

最近車の中でずっと聞いている。まったりトークに心がなごむ。

とくに、放送中に歌った、彼のライブ「いいんだぜ」という歌は放送

できなかっただけのことはある内容だ。ただ、彼のソウルがストレートに

伝わってくる。彼は存在自体がおもしろい。
(LLP代表 岩藤)

Posted by iwafuji : 2006年09月29日 | コメント (0) | トラックバック (0)

紙に書いたことは必ず実現する!

先日、大学時代の友人から何年かぶりに電話をもらった。

私は大学のそのころ自分にまったく自信が持てず、かといって

努力もできず、ただ、漂うように生きていた。

友人の電話でそのころの自分を鮮明に思い出した。

ただ、馬鹿なりに、そのころひとつだけ自分に課した課題があった。

自分が将来どうなりたいかを半紙に筆ペンで書き、下宿の壁に貼り、

毎日、それを眺めるのである。親しくない友人は、それを読み馬鹿に

した顔で去っていく。そのころ私が書いていた内容は恥ずかしいが、

会計士になり、ベンチャー企業を育成する世界的なコンサルタント

になるのだと。道半ばで世界的には程遠いが、あと10年で近づける

かもしれない。強く願えば、きっと夢は実現すると今でも思う。
(LLP代表 岩藤)

Posted by iwafuji : 2006年09月29日 | コメント (0) | トラックバック (0)

本を書くことについて

専門誌や論文はいくつか書いたがまだ、

書籍いわゆる本を書いたことはない。

自分がそんなものを書くことになろうとは

正直思っていなかった。

編集者の方に伺うと、コンサルタントや士業

にとっては名刺がわりだそうである。

初対面の人や講演のとき、本の影響力

は大きい。たいした本でなくても著書がある

ことの価値ははかりしれない。

日本人は本が好きだし、書いた人に無形の

価値を認める文化なのだろう。

わかりやすく、少しでも役に立つものを書いてみようと思う。
(LLP代表 岩藤)

Posted by iwafuji : 2006年09月22日 | コメント (0) | トラックバック (0)

小野小町について

何気なく、白州正子さんのエッセイを読んでいて、

伝記のよくわからない

小野小町の叫びを聞いた気がした。

以下の句。

うたゝ寝に 恋しき人を見てしより 夢てうものを

頼みそめてき

古今集のなかにある句らしいが、

奥が深くて私は好きである。
(LLP代表 岩藤)


Posted by iwafuji : 2006年09月20日 | コメント (0) | トラックバック (0)

銀座四丁目交差点

深夜に眠れず、かといって仕事も手につかず、

ふと、見るサイトがある。

銀座四丁目の交差点を定点カメラですっと写し続ける

サイトである。行きかう人や車の流れをただぼんやり

ながめていると不思議と心がなごむ。

とくに雨の日がお勧めです。
http://www.ginza.jp/now/index.html
(LLP代表 岩藤)

Posted by iwafuji : 2006年09月13日 | コメント (0) | トラックバック (0)

伊能忠敬の師匠のはなし

たまたま、井上ひさしさんの本を読んでいたら、

伊能忠敬の師匠の高橋至時(よしとき)という人物を知った。

彼は数学の天才で、弟子の伊能に、「本邦 子午線一度の長さ」を

実測させようと思い立つ。

具体的にいうと、江戸で北極星の高度を計測し、

その場所からまっすぐ、真北に進んで、北極星の高さ

が一度上がるまで、地表を何里歩いたかを実測し、

精度を上げるためこれを何度か繰り返すのである。

この行為に何の意味があるかというと、この距離に

360を掛ければ、地球の円周がわかるのである。

つまり、地球という大きな円の1度の距離を実測し

ようというのである。円周が分かれば、地球の直径も半径

も当然分かる。西洋の数学もほとんど入っていない

江戸時代にこれを思いつくのはすごい。

じつは、江戸時代の日本人の数学レベルはものすごく

高かったようである。
(LLP代表 岩藤)

Posted by iwafuji : 2006年09月10日 | コメント (0) | トラックバック (0)

ナビットの福井社長

東京在住の人は誰もが知っている「地下鉄乗り換え便利マップ」

のナビットの会社社長の福井さんとお会いした。

とても気さくな方で、本当に聞き上手な素敵な女性であった。

話の中で、この会社の社員の方は乗り物オタクの方が多く、

乗り物についての知識の深さは計り知れない

そうである。鉄道オタクはてっちゃん、飛行機オタク

は空ちゃん、バスオタクはバスちゃん?だったかな。

地下鉄だけでなく、便利マップは無限の広がりを

持ちそうである。新しいビジネスモデルに触れたよい一日

でした。

福井社長についてのよく知りたい方はこちらから。
関西のテレビ番組なので少し長いですが。
http://www17.pos.to/~navit/hp/tv/norikae.html
(LLP代表 岩藤)

Posted by iwafuji : 2006年09月09日 | コメント (0) | トラックバック (0)

後継者問題ムービー編

ここをクリックしてください。ムービーがはじまりまーす。
            ↓
http://www.haruka-consul.com/movie/0801_04.wmv
中小企業の再生

Posted by iwafuji : 2006年09月08日 | コメント (0) | トラックバック (0)

ママのわいがやネットについて

世にいろんなメーカーや商品について比較する

サイトはたくさんあるが、育児用品や家庭用品に特化

しているところはめずらしい。

価格だけでなく、このサイトの実際の会員が使用した評価ポイントで

ランキングされており、コメントを見て選べる安心感がある。

このサイトは以前、私の友人が立ち上げ、その後今の運営者に

譲り、いまも順調に続いているようである。

家電を比較購買するときにぜひみてほしいサイトです。

以下、アドレスです

http://www.waigaya.net/

(LLP代表 岩藤)

Posted by iwafuji : 2006年09月05日 | コメント (0) | トラックバック (0)

キャッシュフローについて

名称や考え方は知られているが、

本当の意味で理解されていないことは

世の中にたくさんある。

キャッシュフロー計算書もそのひとつである。

現在、上場企業には作成を義務づけられているので

あるが、その意味を理解している人は意外に少ないのでは

ないだろうか。

その意味するところは、売上には計上されているが、現金として

入ってきていないお金。仕入や経費として計上されているが、

出て行かないお金。こういうものを排除して、純粋に会社のゼニカネ

の動きを捉えるのがキャッシュフローだ。

会社の出金として、お金として出て行くものは、会計上の費用であるとか

お構い無しに支出として捉えるし、減価償却などは、お金が出て行かないので

支出として捉えない。

また反対に、売上や収益として会計上

とらえるものも、現金として会社にはいってきてないものは、収入としてとらえない。

「非常のライセンス」な存在なのが、キャッシュフロー計算書だ。

リアルな会社の状態を表すのが得意なのだ。

これをアメリカの会計士や投資家が重視するのはよくわかる。

二、三年のトレンドをみると、キャッシュは財務的に、ごまかしがきかないからである。

キャッシュフローの意味を起業家や中小企業向けに本当の意味でわかりやすく

翻訳した本をぜひ書いて見たい。
(LLP代表 岩藤)

Posted by iwafuji : 2006年09月04日 | コメント (0) | トラックバック (0)

東大ムービー塾

先日、参加した東京大学の先端科学研究所の第13回ムービー塾

の作品集がアップされました。

私はなんと、同率3位に入賞しました。

↓これです
http://www.haruka-consul.com/movie/0801_04.wmv

「岩藤」の名前をクリックすると、ムービーが

見れます。テーマは「中小企業の再生」です。

ご興味のある方はぜひ、下記サイトまで。

http://www.movie-school.org/

(LLP代表 岩藤)

Posted by iwafuji : 2006年09月02日 | コメント (0) | トラックバック (0)

ある決断について

ひとつのことを何十年も続けていると、

人も組織もマンネリ化してくる。

これはあらゆる組織、人間にあてはまると思う。

私も40をすぎたころから、このまま自分の将来、

同じことの繰り返しにすぎないのでは

ないか、という危惧をいだいた。

でも最近これは自分がまちがっているのだと思い始めた。

よくよく考えれば、同じことの繰り返しにしなければ

よいだけのことである。

自分がお客様や世の中のためになることをどんどん

仕掛けていけばよいのだとある日感じた。

マンネリと倦怠は起業家にとって、恐るべき敵である。
(LLP 代表 岩藤)

Posted by iwafuji : 2006年08月31日 | コメント (0) | トラックバック (0)

都々逸について

川という字はそりゃ後のこと

         せめてりの字に寝てみーたーい
あるブログで見つけた都々逸です。

そろそろ、涼しくなった秋口には似合いますね。
(LLP代表 岩藤)

Posted by iwafuji : 2006年08月29日 | コメント (0) | トラックバック (0)

会議はなぜあんなに長いのかー時間泥棒ーについて

本日、業界の会議に出席した。

3時に終了予定であったのだが、

3時半を過ぎても、だらだらと質問が続き

一向に終わりそうに無い。

五時にお客さんとの打ち合わせがあった私は気が

気でなく、あせっていた。とうとう3時50分になった時、

私の中でプツンと何かがきれた。周りの方に挨拶し、退席し、

お客さんのところへ向かった。

どうして、こんなにコスト意識が低いのであろう。

我々はみんな自営業の集まりである。

時間と技術を付加価値に変え、その余剰で生活できているのに。

時間だけはお金持ちにも貧乏な人にも、お年寄りにも若者にも、

平等に与えられた資源である。この重要な資源を侵す行為だけは

昔から、私にはどうしても許せない。
(LLP代表 岩藤)

Posted by iwafuji : 2006年08月25日 | コメント (0) | トラックバック (0)

初心忘るべからず!

本日、クライアントの社長からお叱りを受けた。

会社を訪問するなり、「先生、忙しすぎるんじゃないの、最近。」

と社長。関与した当時は毎月顔を出し、社長と直接お話を

していた。最近は社長も忙しく、私も忙しさにかまけて、

あまり訪問していなかった。そこで、いきなりの先の社長の発言と

なった次第である。やはり、顧客の声を聞くことを最近の私は忘れて

いたのであろう。「社長申し訳ありませんでした。以後、このようなことが

ないように致します。」と私は平謝りである。

顧客志向、ワンツウワンマーケティングと偉そうにクライアントに説く

私がこの有様ではいけないとつくづく思った。初心忘れるべからず。

酷暑の中の冷や汗であった。
(LLP代表 岩藤)

Posted by iwafuji : 2006年08月24日 | コメント (0) | トラックバック (0)

税務調査について

今日、私のお客さんの税務調査の立会いをした。

毎度思うのだが、調査官は調査時のマニュアル

研修を受けているようである。

例えばこんな感じ。「社長、前期に比べて売上がすくないですねえ・・・?」

「それにしては、外注や人件費が多いですねえ・・・???」

そして、帳簿を見ながら、社長の顔を上目遣いに眺める。

これを何度か繰り返す。さらに、五分くらいの沈黙・・・。

気の弱い社長になると、何も不正な経理をやっていないのに、

「私がやりました」と言いそうな雰囲気になる。

刑事の取調べを受ける容疑者もこれと同じ心理状態

になるのであろう。冤罪事件が多発するのもある意味わかる。

税務署は性悪説を取っているところなので、

仕方ないのかもしれないが、あまりこれを

やられると怒り出す社長もいる。

調査官の研修も人間を見抜く、もっと深い心理学

を勉強してほしいと思う。
(LLP代表 岩藤)

Posted by iwafuji : 2006年08月22日 | コメント (0) | トラックバック (0)

しばらくコラムをお休みしておりました。

やっと、原稿書きの仕事が完成して、落ち着きました。

内容はともかく納期が守れてほっとしております。

今週から仕事始めの方、もたくさんおられる

ことだと思います。今年の夏は暑いけど、久しぶり

に夏らしい夏ですね。暑さに負けずにがんばります。
(LLP代表 岩藤)

Posted by iwafuji : 2006年08月21日 | コメント (0) | トラックバック (0)

頭が疲れたときの読書について

最近、ある雑誌に原稿を執筆中であるが、このお仕事の原稿に関する

資料ばかり読んでいると、無性にまったく関係ない本が読みたくなる。

そこで、書くのに疲れると、本屋さんに立ち寄り、面白そうな本があると、

5冊ぐらいいっぺんに衝動買いしてしまう。

頭が疲れたときによいのは私の場合、なんといっても、東海林さだおだ。

最近よんだのは、「偉いぞ、立ち食いそば」「なんたってショージ君」だ。

「なんたっては・・・」文庫なのに1340ページもある膨大な本です。

でもすぐ一日で読んじゃうんですよね。偉いぞ ショージ君!
(LLP代表 岩藤)

Posted by iwafuji : 2006年08月09日 | コメント (0) | トラックバック (0)

納期とヤル気について

最近、人事のコンサルティングファームから、

原稿の依頼をうけた。いつもながら、私は切羽詰らないと

原稿が書けない。

たくさんの資料のヤマのなかで、毎夜、構想を練るのだが、

一枚も書けない。だからせめて書きたいポイントだけ、

ポストイットに書き、個々の資料の上にはりつけていく。

こうして、納期の最後の一週間で、悪鬼のようになりながら、

集中して書くわけである。自分でも計画的に書きたいのだが、

どうしてもこうなってしまう。

そういえば、幼い頃、夏休みの宿題もこの調子だったなあ。(笑)
(LLP代表 岩藤)


Posted by iwafuji : 2006年08月07日 | コメント (0) | トラックバック (0)

無料パソコンテレビGyaoについて

最近、話題の無料パソコンテレビGyaoを視聴してみた。

まだ、地上波ほど番組はないが、過去のアニメ、映画、

ドキュメンタリーは充実している。

「マッハ555」や「ハクション大魔王」には感激です。

私の特におすすめは、ドキュメンタリーです。

アメリカのネットバブル時代のドットコム企業

「Kozmo.com」の設立から倒産までを描いた

ドキュメンタリーやハッカーたちが創り上げた

LINUXものなど中々、楽しめます。

Gyaoの番組には15分に一回、3分ほどのCM

が入ります。多分、地上波と同じ収益構造に

なっているのだと思います。

このサイト最近、USENの若い二代目社長が買い取ったの

ですが、さすがです。地上波のTBSやフジテレビを無理やり

買おうとするどこかの社長とはセンスがちがいます。

コンテンツの充実次第では、もう来年か再来年にも、

地上波を抜いてしまうかもしれません。

ギャオのアドレスは以下に記載しておきます。

http://www.gyao.jp/documentary/
(LLP代表 岩藤)

Posted by iwafuji : 2006年08月05日 | コメント (0) | トラックバック (0)

ハルカの「こころ」


ハルカの「こころ」は、次の通りです。

はるか遠い課題の山、あるいは、はるか遠くに見える起業の目標を考えて、一人で登るのはきっと辛いだろうと思います。一歩一歩仲間と話し合い、励ましあって登れば、最後には頂上に辿り着けるはずです。ハルカコンサルブログの表紙には森さんが高い雪山の写真を貼りました。高くても克服できるという気持ちを込めています。

Posted by iwafuji : 2006年08月05日 | コメント (0) | トラックバック (0)

スモールビジネスのすすめ

本日の日経一面に、1000円で10分のヘアカットハウスの

「QBハウス」の記事があった。彼らの戦略は低価格と短時間である。

なんと店舗の立地は駅や商業施設のトイレの通路前が3分の1を

しめるそうだ。人はトイレで鏡を見たとき、髪もすっきりしようと考える

からだそうである。たいした、発想である。しかもトイレ通路前は

賃料も安い。

もうひとつの例として、1000円以下のステーキ店「ペッパーランチ」は

都心の駐車場の一部を借り、即席店舗をつくり、短期間に投資

回収をする商売に戦略を転換するらしい。

この一連の流れは、地代や人件費の高騰という背景もあるが、

スモールビジネスの本格的台頭を感じる。

小資本、少人数でゲリラ的にトライアルアンドエラーを繰り返し、

ビジネスモデルを完成させ、条件が似た、他の立地やターゲットで

新たに展開していく。

起業を志す方も、ご自分のボーナスの範囲でできるスモールビジネス

にトライしてみてはいかがでしょう。当然、小資本、少人数、場合によっては

5時から起業でもできるビジネスのネタは世の中にたくさん転がっている

気がします。この経験は将来、経営者をめざす方には、無限の

示唆を与えてくれると思います。
(LLP代表 岩藤)


Posted by iwafuji : 2006年08月05日 | コメント (0) | トラックバック (0)

ムービー塾参加しました。

本日、念願の東大の先端科学技術研究センター主催のムービー塾

に参加しました。この講座は先端研が開発した、DMDというムービー

作成ソフトを使用し、講座参加者が自分で登場人物を選び、

SVOO(主語、述語、目的語)とセリフを付ければ自動的に

映画が完成するというもの。やってみて、ほんとにびっくりしました。

自分の書いたシナリオをその場で登場人物がしゃべり、

しかも命令どおり動くんです。背景やカメラアングル、BGMも

自由に選べます。

素人でも、映画がつくれる時代はもう近いと実感できました。

なんと、私は3位に入賞して、「東大ゴーフル」(お菓子)を賞品にいただきました。

9月中にはこのDMDというムービー作成ソフトは無料でネット配信

する予定だそうです。みなさんもぜひ。http://www.movie-school.org/
(LLP代表 岩藤)


Posted by iwafuji : 2006年08月01日 | コメント (0) | トラックバック (0)

便利な税額計算のシミュレーションソフトについて

最近のネット社会に対応して、税の世界も変わりつつある。

会計処理のソフトウェアもJDLが「出納帳」という会計ソフトを

無償配布しているし、税務申告のソフトウェアもエクセルなどのアドイン

ソフトで無償、シェアウェア含めて多数氾濫している。

ただ、税務申告については、分かっている人が使えば

どれを使っても同じだが、初めて使う人にはまだまだ、

税法自体が難しすぎて、こなれていない面があるようだ。

我々、税理士業界も税金の計算、申告だけでは厳しい

未来が待っているようである。

最近、面白いと思ったエクセルのアドインソフトを二つ

紹介します。


一つ目は最近改正になった、同族会社の「役員報酬の給与所得控除」の
シミュレーションソフト
http://www.tachikawa-hojinkai.jp/cal/ehime-kenren.html
二つめは、法人税、地方税を含めた概算税額をシミュレーションするソフト。
これは税理士の方がお客さまのところで、その場で計算できて便利です。
http://www.smrj.go.jp/skyosai/dbps_data/_material_/chushou/
d_skyosai/doc/050517_zeigakukeisan4.1.xls
(LLP代表 岩藤)

Posted by iwafuji : 2006年07月28日 | コメント (0) | トラックバック (0)

消費税の難解さについて

本日、社会福祉法人で消費税の講習会の講師をした。

社会福祉法人は最近、収益事業を開始した所が多く、

消費税の課税の対象となる法人が多い。

ところが、こういう法人は補助金でなりたっている場合

が多く、この補助金で資産の購入や経費の支払い

をした場合、これにかかる消費税は控除できない。(本則課税の場合)

この制度の趣旨は、補助金でただで資産購入や経費の支払いをし、

これにかかる消費税を売り上げ時預った消費税から控除

するのは虫がよすぎるということであり、これはこれで理解できる。

しかし、この計算がまた複雑である。

例外が多く、この場合はこうなるとの例示がない。

あとは国税庁通達におまかせとなる。

消費税に限らず、役人の文章は稀有なほどの悪文が多いのは、

我々税理士業界の中では周知の事実である。何とかならないものか。
(LLP代表 岩藤)

Posted by iwafuji : 2006年07月28日 | コメント (0) | トラックバック (0)

経営理念について

最近、私の知人で稲盛教の被害を受けた方がいる。

いうまでも無く、被害者の会社の社長は京セラの稲盛会長の信者だ。

私は、稲盛さんの著書はかなり読み、特に、著書の「会計」

は我々、職業会計人として深く信奉している。

この会社の経営者も稲盛さんのセミナーなどに出席し、

感銘をうけたのであろう。ここまではよいのであるが・・・。

経営者としていくら正しい理想をいっても、社員はいうことは

聞かない。それを言う本人が正しくなければ。

稲盛会長自体がこういっている。

企業リーダーの資質は「性格+哲学」である、と。

哲学だけ付け焼刃にしてもだめなのである。

簡単にこれを我々コンサルの世界に置き換えると

こうなる。

クライアントの会社幹部の本音。「あのコンサルいうことはいちいち、正しいけど、

絶対、言うとおりにしたくないんだよね。」

これではおしまいである。

経営理念とは経営者の性格からにじみでてくるモノでなくては

意味が無いし、かえって、社員のやる気をなくすもととなる。
(LLP代表 岩藤)

Posted by iwafuji : 2006年07月27日 | コメント (0) | トラックバック (0)

ある相関について

昨日、日経新聞の広告局員がインサイダー容疑で逮捕された。

容疑は公告局に所属していた容疑者が、業務を通じて、

株式分割の法定広告を事前に知り、不正に大量購入し、

値上がり後、売り抜けたというもの。

彼は、「株式分割」と「株価の値上がり」との相関を知っていたのだ。

不正に情報を得たことにより、インサイダーとして逮捕され、

罪を全面的に認めているという。

彼のことは、ひとまず置くとしてビジネスの世界では

何らかの相関関係を人より早く見つけて実践することに

成功の秘訣があるようである。

道路交通法の改正に伴い、駐車場ビジネスが今、活況を

呈しているように。ただし、成功している業者は法改正前に

ちゃんと手をうっているのである。

当社も「団塊」と「起業」につながる何らかの相関を現在、模索中

である。
(LLP代表 岩藤)

Posted by iwafuji : 2006年07月26日 | コメント (0) | トラックバック (0)

よしもとばななについて

昨日、仕事が一段落ついたので、よしもとばななの「海のふた」

という作品を読んだ。私はお父さんの吉本隆明さん

の作品をまったく読んでいないのだが、なんとなく、

ばななさんもそのイメージで、いままで敬遠していた。

「海のふた」はふるさとの伊豆に帰った女性が、かき氷屋さんを営み、

そこで出会った女の子とのふれあいを描いた、珠玉の作品です。

解説には「自分らしく生きる道を探す女の子たちの夏」となっておりますが・・・。

女性っていとおしいもんだなあと感じさせる作品です。

ぜひ男性も一読を。

ばななさんの本がヨーロッパで翻訳され、ベストセラー

になるのがよくわかりました。
(LLP代表 岩藤)

Posted by iwafuji : 2006年07月24日 | コメント (0) | トラックバック (0)

ネット版わらしべ長者のお話。

カナダのモントリオールに住む青年マクドナルドさん。

自分のブログを使い、1年間で14回の物々交換を

繰り返し、最後に一軒家を手に入れたらしい。

最初に彼が持っていたのは、ただの赤いクリップだそうだ。

私は、一軒家をゲットした事実より、ブログの無限の可能性を感じた。

すでに彼は有名人だが、今後、出版や映画化される可能性は高い。

こちらの版権でかれは億万長者になることだろう。
(LLP 代表 岩藤)

Posted by iwafuji : 2006年07月21日 | コメント (0) | トラックバック (0)

出会いがその人の生き方を変えるーアパレル青年との語らい

先日、私の古くからの知り合いのアパレル青年

を当社の主要メンバーに紹介した。

彼はある有名セレクトショップの主任をしている。

ただ、業界の中で知り合う友人はかぎられており、

当LLPのように、世代やキャリアの違う人と

話す機会は中々ないようで、非常に新鮮であったようだ。

最近思うのは、出会いがその人の生き方を変えていく。

彼の何年か後の起業を、今から少しずつ

アドバイスしていければと、そして、我々も少しずつでも

進化しつづけていければ、と思った。

(LLP代表 岩藤)

Posted by iwafuji : 2006年07月20日 | コメント (4) | トラックバック (0)

歌舞伎町マーケティング

先日、お客様の依頼で新宿の歌舞伎町を徘徊した。

といっても、艶っぽいはなしでは全然ない。

歌舞伎町に空いた土地があり、ここをどうビジネスに活かせるかの

調査である。3時間程度、炎天下の中調査したが、やはり、夜の動態調査

は欠かせない街だ。まる一週間は調査にかける必要があると思った。

かつて、立地調査をやっていたころ、丸2日道路にたたずみ、ひたすら

かちかち、車と人の交通量をカウントしていたころが懐かしく思い出された。

サービス業とくに、飲食は開業前の泥臭い調査が後々、効いてきます。

主要顧客の絞込みも、値段設定も、公告打つのも、ひとを雇うのも。

起業時はとくに、最初の立地が重要です。失敗すると後がありませんから。
(LLP 代表 岩藤)

Posted by iwafuji : 2006年07月17日 | コメント (0) | トラックバック (0)

メガネふきについて

毎日、暑い日が続く今日このごろですが、

私を含めて、メガネを着用のみなさん。

メガネって汗やホコリでひどく、くもりがちじゃないですか?

日本では、なんとメガネ人口は六千万人

だそうです。日本人の二人に一人は

視力か弱いのです。

とするならば、メガネふきの商品が世の中に

少なすぎませんか!!

メガネを作った時、もらうシリコン

入りの布をメガネケースとともに、

常時持ち歩くひとはいません。

コンビニで見かけるのは、小林製薬の「メガネクリーナーふきふき」

(これは個人的には・・・薬品のにおいがきつい)か、無印の

「携帯用メガネふき」ぐらいです。

メガネメーカーも、道行く人にティッシュを配る商品を開発するベンダー

も、顧客へのメンテナンスが再需要を喚起することを思い出してほしい。
(LLP代表 岩藤)

Posted by iwafuji : 2006年07月16日 | コメント (0) | トラックバック (0)

ムービー塾について

先日、外部パートナーの生野さんから、

ムービー塾の存在を教えてもらった。

東大の教授が開発したムービー作成ソフト

で、高校生や大学生がアニメ映画を作っている。

あらかじめあるキャラクターを使い、製作者はセリフや音楽

や背景を自由に設計できるようだ。

なにより楽しいと思うのは、キャラクターにしゃべらせ、自由に

動かせることである。音声が妙に機械的なのもまたおもしろい。

私はムービー塾の作品のなかで「新潟弁講座」

で爆笑してしまった。ご興味ある方はぜひ下記まで。


http://www.movie-school.org/
(LLP代表 岩藤)

Posted by iwafuji : 2006年07月14日 | コメント (2) | トラックバック (0)

いわゆる団塊の世代について

来年、団塊の世代が60歳で定年を迎える。

世の中は2007年問題とひとくくりにするが、

はたしてそうだろうか。

団塊の世代という言葉は、元官僚の堺屋太一さんが言い始め、

全国的にメジャーになった言葉だが、

団塊の世代の方と仕事で、お会いしてみると一様ではない。

人数が多いからといって、世代論でひとまとめにするのは

かなり、危険だ。まったくあたりまえのことであるが。

顧客は十人十色と、ワントウワンマーケティングをとくマーケッターが

団塊をひとまとまりにして説くのが、最近、妙に解せない。

企業の団塊需要を想定したアナウンスだとすると、戦略を

大きく間違えるような気がしてならない。

団塊の方は本音ではどう感じておられるのだろう。
(LLP代表 岩藤)


Posted by iwafuji : 2006年07月13日 | コメント (0) | トラックバック (0)

IT企業の業績評価

最近、IT業界の人事管理における業績評価のセミナーを受注した。

なんと、IT業界は人件費が原価の七割を占める。

社員のモチベーションをあげ、付加価値の高い仕事を受注し、

生産性を上げることがビジネスの肝となる。

その、ポイントは「社員の業績を公正に評価」することだと思う。

財務数値だけでなく、非財務的数値、不良率、クレームの数などなど。

何がその会社の評価の基準として適正か。わくわくする仕事である。
(LLP代表 岩藤)

Posted by iwafuji : 2006年07月12日 | コメント (0) | トラックバック (0)

IT系社長との語らい

あるIT系社長と飲む機会があった。社長は謹厳実直ストレート。

私より全然年上だが、偉ぶらない、高ぶらない方である。

お酒を飲んでビジネス談義で、大いに盛り上がったが、

帰られるときは冷静沈着。

こちらが申し訳ないくらいあっさり。君子の交わりは

淡きこと水の如し。でもすごくハートは熱いのは感じるんです。

こんなひともいるんだな。我々の先輩には。勉強になりました。

(LLP代表 岩藤)

Posted by iwafuji : 2006年07月11日 | コメント (0) | トラックバック (0)

お魚取り放題(期間限定)のお知らせ!

私の栃木県のお客さんで、管理釣り場を経営している社長がいる。

ブラウントラウト、ニジマス、ブルックトラウト、イトウと魚種

も豊富なのだが、毎年夏のこの時期になると、水温20度を超え、

冷水に棲む彼らは弱ってしまう。

そこで、釣り好きの方、イクラか練り餌をもって、

下記管理釣り場に午前9時から10時までに、釣りに来てください。

入場無料ですが、必ずお魚はお持ち帰り下さい

あと一週間で池の水抜きをするということなので、

お早めにおこしください。水抜きの時期が早まった場合はご容赦

ください。詳細は下記アドレスまで。

http://www.rodeo-fish.com/index.html

(LLP代表 岩藤)

Posted by iwafuji : 2006年07月07日 | コメント (0) | トラックバック (0)

ナカタの引退について

中田ひでさんが今日、引退を表明されたそうですね。

私は、にわかワールドカップサッカーファンでひでさんの

ことを語れるのは、ビジネスの現場に彼が残した軌跡くらいです。

彼はある雑誌で、引退後かあるいはサッカーやっていなかったら何を

やっていたかの質問に「税理士をやりたい」と答えていたのを

いまも鮮明に覚えています。業界にいるものとして、本当にうれしく思いました。

非常にアスリートとしては地に足が

ついている気がしました。彼はビジネスの方も向いている気がします。

トウハトの社外取締役もやりましたし、彼自身のイメージのプロデュースも卓越しています。

新しい可能性にかけてほしい日本人ナンバーワンです。ビジネスでも悪魔のパスをみせてほしい。
(LLP代表 岩藤)

Posted by iwafuji : 2006年07月04日 | コメント (0) | トラックバック (0)

SNS(ソーシャル・ネットワーキングサイト)mixiについて

当LLPのメンバーの紹介で、SNS(ソーシャル・ネットワーキングサイト)

mixi(ミクシィと読む)に入った。起業時の人脈づくりには最高のようだ。

友だちから友だちへ無限の広がりをもつ、このSNSのしくみは

現在爆発的に会員をふやしている。

まだ、入ったばかりで分からないことも多いが、士業の広がりには

使えそうだ。例えばこんな使い方、「商売始めたんだけど誰か税理士さん知らない?」

「そういえばあの人の友だちにいたなあ!」お友だちとのお互いの信頼関係が築ければ、

永遠のひろがりをもつ。とくに顧客との信頼関係が選択の基礎になっているビジネス

例えば士業、医者、コンサルタントなどなど。クチコミはやはり強いと思う。
(LLP代表 岩藤)

Posted by iwafuji : 2006年06月30日 | コメント (0) | トラックバック (0)

相続時の自社株評価について

本日、外資系の生保で相続時の自社株評価の講演をした。

みなさん熱心に聴いてくれ、気持ちのよい研修であった。

自社株評価については、いつも不思議に思うことがある。

先代が一所懸命に努力をし、贅沢をせず、会社の内部

留保を殖やせば殖やすほど、自社の株式が高く評価され、

相続時に多額の相続税が発生することだ。

預貯金や株式など流動性の高い資産を持っていないと、

自社株の高い評価ゆえに、事業承継自体が困難になるおそれがある。

上場企業と比べ、中小企業は内部留保以外に、会社の財務体質

を強化する手立てがない。

事業承継時の自社株の評価については、相続税を

大幅に軽減すべきであろうと思う。
(LLP代表 岩藤)

Posted by iwafuji : 2006年06月28日 | コメント (0) | トラックバック (0)

のーてんきな後輩について

私の学生時代の後輩で40過ぎてフリーターの男がいる。

10年ほど、会社勤めを経験し、今は、東京の都心で駐車場の管理人をしている。

たまに、飲むのだが、今も学生時代のままの雰囲気で、結構楽しそうである。

このブログ多分、奴も読むので、あまりひどいことも書けないが、まあ性格はよい奴

である。あくせく働く私を尻目に、自由を謳歌しているように見える。

奴をみていると、自分の食い扶持だけ稼いで、あとは自分の趣味や興味のおもむくまま

いろんなところに出かけているようである。時々、うらやましいなあと心底思うことがある。

人間はなにをして生きていってもよいのだなあと思える、貴重な人物ではある。
(LLP代表 岩藤)

Posted by iwafuji : 2006年06月21日 | コメント (2) | トラックバック (0)

戦国武将と経営資源の有効利用について

先月、食品メーカーの研修講師をやった。

各現場の部課長に財務数値の見方を

教える研修内容だ。

当社の財務数値の分析、解説の後、

私は、まず製造部長に質問した。

「当工場の生産能力は、月に最大何トンですか?」

「200トンです。」と製造部長。

「では、現在の生産量は」?と私。

「100トンです。」と製造部長。

「では工場の稼働率は50%ですね。」と私。

「そうです。」と今度は、工場長。

「では、今の人員で100%の稼動はムリなのですか。」と私。

「みんなである程度残業すれば、大丈夫です。」と工場長。

ではと、今度は営業部長に質問した。「いまの、倍の受注を取ることは

可能ですか」と私。

営業部長はなんと、こう答えた。

「製造が納期を守れると約束してくれれば可能です。!」

かくも、生産能力を知ること。人、モノ、カネの有効利用は大切である。

当たり前のことであるが。

戦国武将は経験的に、米の生産量、石高1万石当たり、250名の兵士を養える

ことをよく知っていたのである。戦う前に自分と相手の力が分かっている。

だから、信長は桶狭間で5倍の兵力の今川義元に勝てたのである。

(LLP 代表 岩藤)

Posted by iwafuji : 2006年06月15日 | コメント (0) | トラックバック (0)

任天堂DSの可能性!

DSの脳トレをやってみた。私の脳年齢は57歳。

反射がかなり遅くなっているようだ。トホホ。

ところで、DSの通信機能はすごい。無線LAN端末のあるところなら

全世界で、ゲーム対戦やチャットやメールやのやりとりができる。

かつて、アメリカや日本でPDAの開発の歴史があったが、

どれもいまひとつであった。今はまだゲーム機の段階であるが、

DSがここまで普及してくると、ビジネスとしての新しい使い方

があると思う。重いノートパソコンを持ち歩かずにすむ時代

が早く来てほしい。

(LLP 代表 岩藤)

Posted by iwafuji : 2006年06月15日 | コメント (2) | トラックバック (0)

いちばん大事なのは・・・立ち直り?

世をあげて、ワールドカップ、オーストラリア戦の話題でもちきりですね。

報道は、やれ、ジーコが悪いとか、何が悪いとか、戦犯を作りだそうとしているようです。

勝負ですから、勝つときもあれば、負けるときもある。

大事なのは気持ちをスパッと切り替える能力です、スポーツでも

ビジネスでもこの能力が必要だとおもうのです。

負けた瞬間から、つぎの相手チーム

の分析を始めてほしいと思います。負けた反省はこの冷静な分析から、

生まれてくると思います。ガンバレー! ジーコジャパン。
(LLP代表 岩藤)

Posted by iwafuji : 2006年06月13日 | コメント (0) | トラックバック (0)

勝てる仕組み

本日、2ヶ月ぶりに美容室にいった。

いつもカットとカラーをしてくれるのは

30歳の男性だ。

なにを伝えるのかはやさしい。私の薄くなった頭を

どうすれば精力的でしかも、我々の業界でも

違和感なく、受け入れられ髪型と色にできるか

のせめぎあいだ。

髪が薄くなってからの美容室選びは重要だ。

たぶん、はげたおやじにかっこいい髪型を提案

できれば、新たなカリスマになれると思う。

個人的に、日本人はハゲを気にしすぎだと思う。

ツルツルでよいのですよ。

(LLP代表 岩藤)

Posted by iwafuji : 2006年06月09日 | コメント (0) | トラックバック (0)

厄介さと自由について

税理士仲間10人と飲んだ。自営業の集団はやっかいだ。

みんなお店や味にやかましい。

でも、ひとたびお店を決めれば、みんな文句はいわないし、

幹事もいわせない。みんな自分で決断できる人たちだからだと思う。

いやなら自分で好きなところにいけばよい自由があるからだ。


これは、サラリーマン集団ではうまくいかないのかもしれない。

良し悪しは当然ありますが・・・。


(LLP 代表 岩藤)

Posted by iwafuji : 2006年06月07日 | コメント (0) | トラックバック (0)

ストックオプションについて

税理士仲間と会合の後、軽く飲んだ。

話題はストックオプションについてである。

国税庁のかつての見解は給与所得であったが、

いまは一時所得に落ち着いてるようだ。

コンサルティングの立場から言うと

ストックオプションは明らかに過去の貢献に対する、

配当所得である。

ただ、出資と配当という商法の立場からいうと、

ストックオプションは金銭出資がなく、配当とは

いいがたいと言うのが先輩方の主張の骨子であった。

現在の会社法では先輩方の主張が正しい。

今後どうなるのでしょうかねえ。

(LLP代表 岩藤)

Posted by iwafuji : 2006年06月03日 | コメント (4) | トラックバック (0)

定年なんてこわくない !

団塊サラリーマンの起業のアドバイスをしていて思うことがある。

「定年後に新しい商売をしようと思うが、考えられる

リスクはないでしょうか?」

私、「リスクがあるから、利益もあるんです。

お金があれば国債買えば、日本がある以上、

国債は元本は保証するでしょう。」


日本からサムライが消えた感じがします。
(LLP代表 岩藤)

Posted by iwafuji : 2006年06月02日 | コメント (0) | トラックバック (0)

テクノロジスト集団 集まる!。

本日、定期会合で当LLPのメンバーの全員が集まった。

パートナー含め、総勢六名の会合であった。

パートナーの方はみんな多士済々である。

焼け跡闇市派あり、団塊あり、、若い30代ありと幅広い。

みんな、技術、経営、再生、起業とネタはつきない。

この幅ひろい世代で本業に関係なく、本音を語り合える場が

あること自体がよいことなのではないか。


当LLPは提供していきたいと思います。

(開発者の本音とか、ちょっとした気づき、このアイディアをなぜ、

商品に反映できないのとか、ご意見下さい。)

どんどん、新しいコーナーににしていきたいと思います。

(LLP代表 岩藤)

Posted by iwafuji : 2006年06月02日 | コメント (0) | トラックバック (0)

本当に仕事がキツイ時、人は何をするか?

私の会計事務所は今月、31日まで、息がつけない。

こんな時は、過去の経験から、ほんの、すこしでもリラックスしないと、

よい仕事はできないのは分かっている。

ちょっと仕事に疲れたら、まず、私は車に乗って、買い物に出かけ、

CDを聞きながら大声で歌う。

そして、コンビニで衝動買いをする。例えば見たかったDVDとか。

ニューヨーカーとかは、スカッシュとかやりに、ジムにいくのでしょうが。

みなさん、短時間でリラックスできる方法があればぜひ教えて

下さい。

(LLP代表 岩藤)

Posted by iwafuji : 2006年05月27日 | コメント (2) | トラックバック (0)

レミオロメンの詩について

レミオロメンの最新アルバムHORIZONを買ってしまった。

やっぱ、一番好きなのは「粉雪」だ。

日本人の一番すきなパターンのサビだ。

例の「こなーゆきー、ねぇー」はわかっていても

はまってしまう。ほんとうまいなあ!

情景描写も「粉雪」と「ざらつくアスファルトの上のシミ」

ときては、買わざるを得ない。

たいしたもんだ。(長州小力調で・・。)

(LLP代表 岩藤)

Posted by iwafuji : 2006年05月25日 | コメント (0) | トラックバック (0)

湯の町別府の再生はいかに?

ひさびさに、郷里の父親から電話がかかってきた。

なんでも、別府市の地域再生の委員をおおせつかったらしい。

旅館、ホテルの入りが悪く、地盤沈下はなはだしい

とのこと。天然資源の豊富さゆえに、観光客にやらずぶったくり

を繰り返してきた、ツケがまわってきた格好だ。

よい温泉(たぶん湧出量、泉質でも日本で3本の指にはいるでしょう)。

おいしい地魚。山と海にかこまれた自然環境。

すべて与えられたものはよいのに、これを活かせない。

人の和の問題である。湯布院や四国の道後温泉をみればわかる。

町ぐるみで改善しなければどうしょうもないところまで来ている。

別府(湯布院ではありません)にいかれたことのある方、

迷えるじい様に、よいお知恵をお貸し下さい。

(LLP代表 岩藤)

Posted by iwafuji : 2006年05月25日 | コメント (0) | トラックバック (0)

会社の決算期はいつがよいか?

私の会計事務所はただいま、3月決算法人の対応に追われている。

毎年、思うのはだが、なぜ日本人は3月決算にしたがるのだろうか。

官庁に会わせてという会社が多い。なんとなくきりがよいからという

お答えも多い。3月決算は実は、会計事務所泣かせなのである。

大体、どの事務所も顧問先の全体の三割程度は3月に集中する。

さらに、顧問先法人も官庁の年度末にあわせているので、

会社も忙しい。お客様も会計事務所にもタイトな時期なのである。

新しく当事務所で法人設立するお客様には、3月と12月

は避けたほうがよいとアドバイスしている。

新しく会社を作られる方、決算期の決定は会社に時間的に

余裕がある月がよいですよ。
(LLP代表 岩藤)

Posted by iwafuji : 2006年05月23日 | コメント (0) | トラックバック (0)

PCリサイクル事業の計画書作ってみました。

世の中に事業計画書は数々ありますが、

どれもパッと見て分かりにくいですよね。

あるブロードバンドの集まりで、みんなで新規事業を

考えようという企画がありました。

以下はその会合のなかで、私たちが企画したものです。

企画の内容はパソコンのリサイクルビジネスです。

A3の一枚紙でビジュアル化しております。

ご興味のある方はごらん下さい。

PCリサイクル事業企画書(エクセル形式)


(LLP代表 岩藤) 

Posted by iwafuji : 2006年05月23日 | コメント (0) | トラックバック (0)

からくり人形は私たちの遺伝子記録

日本人に今でも伝わるからくり人形のこころ            2006.5.20
~東芝もトヨタも、からくり師が創設した。

 
5月12日に稲城市で「ものづくりの心」からくり人形から学ぶ、という講演を聞きました。
高精密歯車製作や切削・研磨技術の㈱大野精密社長の大野勇太郎氏は、平成17年にからくり人形技術に対して、東京都優秀技能者(東京マイスター)知事賞受賞を受賞しています。

大野精密の茶運び人形
大野氏はあるカメラメーカで27年間働いていたそうです。
ビデオカメラの普及速度が速く、8mmカメラ製作技術ではついていけない状態になっていきました。
当時のカメラの絞り機構(露出)はメカ制御系でした、電子制御系に移行して行ったため、ついていけなくなりそのカメラメーカは廃業となりました。

ある日、神田の古本屋で立ち読みをしていて「日本の機械史を始めた人たち」という本の中に江戸からくり人形の設計図面があったので、自分もやってみようと思いたったそうです。そういえば8mmカメラとからくり人形とは類似のメカニズムです。

大野精密の茶運び人形はアクリル製で、定価395,00円で注文を受けるそうです。
中国、カナダへも出荷しているそうです。

からくりと西洋時計の融合
日本には古くから木偶師(でくし)、傀儡師(かいらいし))と呼ばれるあやつり人形師がおり、大道芸や神事として人形を使う技と技術があったそうです。
平安時代末期の「今昔物語」に「からくり」の記述があるそうです。

そういう日本に古くからあった「からくり」に、16世紀に持ち込まれた西洋の時計技術から生まれた和時計の技術が組み込まれ、「からくり人形(自動人形)」として、江戸時代に完成の域に達したようです。
ザビエルは、1551年(天文20年)に山口の大内義隆に布教を願い出た時に、西洋機械時計を献上しています。大内義隆はプレゼントに喜び、布教を許したそうです。

江戸時代のからくり人形はどこまで普及していたのか?
小林一茶(1804年~1830年)の句に、「人形に 茶碗運ばせ 角すずめ」というのがあります。軒下の縁台で茶碗を運ばせる人形を動かして騒いでいた町民を詠んだものです。
この当時、東京の人形町に「人形職人」が多くいたそうです。
この句から、当時のからくり人形が高貴な人々だけのものではなく、庶民の間にも浸透していたことがわかると言われています。


駆動機構ゼンマイの製造方法
人形を駆動するゼンマイはどうしたかというと、鯨の髭を加工して巻いたそうです。
今風に言えば、「有機ゼンマイ」です。
セミ鯨は上あごに100本くらい長さ2.5~3mのヒゲを持ち、それをフィルターにして小魚を口に吸い、舌で巻いて口の中へ飲み込むそうです。
ヒゲといっても一本が2~3mと長く大きいのです。

この反ったヒゲを煮沸して平坦にし、カンナで削って所望の厚さ0.45mm×幅16mm×長さ1600mmのゼンマイ用の板を作ります。
これを湯で戻してカーリング状態にし、水洗いで冷やすことで反発力を持たせます。
これを巻けば、人形はおよそ距離2mを2往復することができます。
但し、鯨のヒゲゼンマイは、動く速度は現在の鋼ゼンマイよりもやや遅く、一回作動させると、反発力が回復するのに時間がかかるので、連続繰り返しには向いていない。休憩させることが必要となる。
生き物という感じがでていますね。
昔は、火縄銃の撃鉄の戻りバネなどの部品としても利用されていました。


からくりノウハウの伝承は本
からくり人形の製作ノウハウが「機巧図彙」(きこうずい1796年)という本になって現存しています。著者は細川半蔵で土佐人です。からくり半蔵と言われていました。
技術の門外不出の当時に、秘伝の技術の公開は革命的であり、そのために大野氏もわれわれも日本人の末裔は昔の技術を学ぶことができるのです。
からくり半蔵の持つ開放的な土佐人気質のおかげです。

「機巧図彙」をからくり半蔵が書いて3年後に、筑後の久留米でべっこう細工師の長男として田中久重が生まれました。「東芝」の前身「芝浦製 作所」の創始者です。この人は後にからくり儀右衛門と言われました。
細川、田中のほかに、有名なからくり師として、飯塚伊賀七、平賀源内、大野弁吉、豊田佐吉等がいます。豊田佐吉はあの世界の「トヨタ自動車」の創始者です。

金沢の大野弁吉は細川家の流れを汲んでいる人です。
弁吉は長崎でシーボルトについて科学を学んでいましたが、師であるシーボルトが帰国の際に日本地図を持ち出そうとして捕えられた“シーボルト事件”で国外追放された翌1830年に、難を逃れて、妻さとの実家の加賀国大野村(現金沢市)へ移り住んだそうです。
「機巧図彙」の精神は、土佐の細川から長崎のシーボルト科学の吸収を経て、金沢の大野弁吉と承継されていったのです。

「大野村の大野弁吉」というのは、古くからわが国にある地名を姓に用いる習慣ではないかと思います。足利庄の尊氏が足利姓を名乗るなど。
大野勇太郎氏と加賀国大野村とに関係があるのではないか、と思いました。
参加者からの「他に江戸からくり人形を作っている人がいますか?」という質問に対して、「数名いますが、金沢の大野弁吉という人が細川家の流れを汲んでいる人で、レベルが高いと思う。大野弁吉は日本の精密機械発展のルーツである。」と答えました。
あたかも205年間前に生まれた弁吉が今でも生きているように聞こえました。
弁吉の末裔が金沢で今でもからくり人形を作っていることのようです。
果たして東京の大野勇太郎さんは金沢の弁吉の末裔ではなかったのか、と数日経ってから思いました。
(パートナーコンサル 生野逸夫)

Posted by shono : 2006年05月20日 | コメント (0) | トラックバック (0)

なぜ復刻しないのか・・・日本の名著?

はるか昔、大学生の頃、大宅壮一の全集を夏休みに全巻読みました。

若い方はご存知ない方もいらっしゃるかと思います。

日本のジャーナリズムの草分けで、「日本人総白痴化」などの名言

を残されたジャーナリストです。

たまに、TVに出る評論家の大宅映子さんのお父様です。

都心に大宅壮一文庫もあると聞いています。(まだいったことありませんが)

特に記憶に残っているのは、各県ごとの県民性、性格の違いを明確に分析しておられて、

ちなみに私の県は熱しやすくさめやすい「日本のスペイン」と

分類されておりました。まだまだ、お亡くなりになった

作家で、復刻できてない方がたくさんいらっしゃいます。

ピカレスクの梶山季之先生とか、ロマンチストの開高健先生とか
(お亡くなりになった後ほとんど本屋さんにない。)

坂口安吾先生は幻冬社が復刻してますが、文庫なのに千円

くらいするんだよね。編集者がんばれー。
(LLP代表 岩藤)

Posted by iwafuji : 2006年05月18日 | コメント (0) | トラックバック (0)

数字の8のため・・・新幹線に乗る?

いま新幹線で栃木県にむかう途中です。一週間前、お客様の要請でたった1日で、

おおいそぎで会社をつくった。

今日が登記完了の予定日であったが、一ヶ所だけ日付を入れわすれていたのが

法務局からの連絡でわかった。

係の人に日付を伝え、書いてもらえないかとお願いしたが、だめだという。

仕方なく新幹線に乗った次第です。 私の落ち度ではあるが・・・。

結局、法務局で私が書いたのは8という数字だけであった。
(LLP代表 岩藤)

Posted by iwafuji : 2006年05月17日 | コメント (0) | トラックバック (0)

辛酸をなめてきた男・・・雅山。お相撲のはなしです。

マニアックなはなしで恐縮です。今場所、元大関雅山

(現在盛り返して関脇?)が好調です。

大関陥落後、何年経っているだろう。

ほとんどの人は覚えていないと思う。

30年近く大相撲見ていて、お相撲さん

がこの顔付きになると、自分の人生のすべて

をかけててるんだなという表情に出くわす

ことがある。(いまの雅山)

琴欧州の先代の師匠であり、万年大関だった琴桜

が「狂い咲き」といわれ、30過ぎて、横綱になった頃、同じ表情をしていた。

今場所は、雅山にぜひ優勝をしてほしいと思う。

そして、辛酸をなめてきた男が、ふとみせる微笑がみてみたい。


(LLP代表 岩藤)

Posted by iwafuji : 2006年05月15日 | コメント (0) | トラックバック (0)

桜塚やっくんは ビジネスの素質充分!?

今日、久しぶりにテレビを見た。

土曜日の定番「エンタの神様」です。

いま、人気急上昇中なのが、スケバン恐子こと、桜塚やっくん(男性)である。

紙芝居を使いながら、会場の女性に何らかの役割、(今日は効果音と、セリフ)

を与えながら、絶妙のタイミングで彼女たちにツッコミを入れていく。

彼がすばらしいのは事前に彼女たちが言うであろうことを想定して、

紙芝居のストーリーをつくっていることだ。こう応えたらこれを出すぞと、二段

三段がまえの体制をつくっている。彼はビジネスをやっても凄腕になると思う。

そういえば、私の知り合いの凄腕コンサルも「やっくんおもろい」というてましたわ。

なぜか関西弁?
(LLP代表 岩藤)

Posted by iwafuji : 2006年05月13日 | コメント (0) | トラックバック (0)

日本の匠 ・・・ 技術の承継はいかに?

今日地元の商工会の講演を聴きにいきました。

講師は、からくり人形の作者で町工場の社長です。

からくり人形の動力はセミクジラ(背美くじらと書くらしい。うしろ姿がうつくしいから)

のひげのゼンマイです。実物を見ましたがとても大きくてびっくりしました。もともとの

ひげは1.6メートルが普通だそうです。

とても朴訥な講師で、からくり人形を作る上の苦労話がメインテーマでした。

本業は歯車の製造だそうですが、からくり人形に打ち込みすぎて、大変だそうです。

でも、日本の製造業はこういう職人が支えてきたと思うのです。ヨーロッパ

とくにドイツ、イタリアも。こういう技術って承継できるんですかね。

本当にものづくりを楽しそうに語るんです。門外漢のこちらまで楽しくなるくらいに。
(LLP代表 岩藤)

Posted by iwafuji : 2006年05月13日 | コメント (0) | トラックバック (0)

一円起業は全敗??

経産省の肝いりの制度で、何年か前から何件か、一円起業で会社設立のお手伝いをさせてもらった。

残念ながら、今生き残っている企業はひとつもない。少なくとも当事務所の顧問先にはなっていない。

それに比して、以前から個人で事業をやっている方の法人化の手続きをやったが、

これらはすべて生き残っている。しかも業績も良好だ。

会社組織にしようとしまいと彼らはもうかっていたはずだ。

組織をつくるからもうかるのではない。顧客をちゃんとつかめるビジネスかどうかなんだろうと

最近とくに思う。
(LLP代表 岩藤)

Posted by iwafuji : 2006年05月12日 | コメント (0) | トラックバック (0)

いったいコンサルタントってなに?

LLPを設立して、団塊の世代の起業相談をよく受けるようになった。

何で起業されたいのかを伺うと、コンサルタントという

お答えが一番多い。コンサルってなに?私が尋ねると、人によって答えが

ちがうのがおもしろい。建設、技術、マーケティング、人事、情報、などなど。

なんでも、この後にコンサルタントを付けるとらしくなってしまうから

不思議だ。そういう意味で、逆にうさんくさい商売でもある。

私ももともと、コンサル出身なので、名刺を渡したとき、相手がうさんくさがるのは

よくわかっている。自分のなにが売りなのか、明確になっていないと、

ただの便利屋になってしまうことが多い。

この世界で、本当に会社を変えることができる一流は数少ないのは、また事実である。

本当の意味で「会社や組織を変える情熱と能力を持つ者」

これがわたしのコンサル定義である。

(LLP代表  岩藤)

Posted by iwafuji : 2006年05月09日 | コメント (0) | トラックバック (0)

ニッチリッチの市場は確実に・・・存在する。

長かったゴールデンウィークもやっと終わりですね。

本日、私の会計事務所の顧問先である三輪バイク(トライクという)の会社の役員とお会いしました。

まだ、設立後1年経過したところですが、事業も順調にのびており、初年度から黒字です。

ハーレーとか、ワルキューレとかVMAXのバイクを三輪バイク(トライク)にすると、車の普通免許

でしかもノーヘルで乗れるってご存知でしたか。なんと、ハーレーなら中古でも、400万前後します。

私は不明ながら、初期の設立相談受けたとき、こんなに順調にいくと思っていませんでした。

何を私は見落としたのか?ニッチリッチのニーズです。つまり、市場は狭いけど、リッチなマニア

はいるということでしょうね。まだjまだ、他の分野にもたくさん・・・。
(当LLP代表   岩藤)

Posted by iwafuji : 2006年05月07日 | コメント (0) | トラックバック (0)

自由業は本当に自由か?について。

世はまさにゴールデンウィークまっ盛りである。

この時期になるといつも思うことがある。

世に自由業といわれている税理士の

私は果たして自由なのであろうか。

五月末の税務申告法人を抱えた当事務所

は連休など、毎年関係なく、働いている。

しかし、自由業のメリットは日頃は、自分の意思で自由に休めることだ。

もう今日はやーめた。と。いきなり、旅に出ちゃう自由もあることだ。

時間にもメリハリがきくし、ゆっくり朝通勤の人をながめながら、

遅い朝食をとることもできる。

だから、何日徹夜しても、納得してがんばれるのだと思う。

自由業は生き方の選択の問題である。

(LLP 代表 岩藤)

Posted by iwafuji : 2006年05月01日 | コメント (1) | トラックバック (0)

起業ツールになるか? Skype

当LLPの森さんから、SkypeというIP電話の存在を教えてもらった。

現在、Skypeの会社はあのライブドアにの傘下にはいっているようだ。

起業ツールとしておもしろいのは、ソフトウェアを無償でダウンロードすると、

このソフトウェアを持っている人同士は、全世界無料で通話できる点だ。

もちろんWEBカメラを着ければ、テレビ電話になるし、複数で会議もできる。

実際使ってみて、多少、音声は遅れるものの音質は鮮明でした。

このツールを有効に使えるビジネスはなにか。

遠隔地医療、独居老人の健康管理と癒し、遠隔地同士での宝石等の鑑定と値付け、

自宅での資格取得講座、スキルアップセミナーなどなど。

無限の可能性がある気がしませんか?

スカイプのURLは以下の通りです。ご興味のある方はぜひ一度ごらんください。

http://www.skype.com/intl/ja/helloagain.html

(LLP代表 岩藤)

Posted by iwafuji : 2006年04月28日 | コメント (0) | トラックバック (0)

意外なところから・・・。ドラッカーの慧眼!

LLPを設立し、いろんな分野の方のご相談を受けるようになった。
びっくりしたのは、私の元々の事業(もちろん稼動中ですよ)
である、会計事務所からの相談が増えたことだ。

やはりみんないろいろ悩んでいたんだと、あらためて実感いたしました。

ドラッカーは新技術や新しい手法を考案したとき、一見、顧客ターゲットと直接的に関係ない分野(当LLPの場合はある意味同業者)のオファーが増えることを説いています。ここにこそイノベーションとビジネスチャンスがあることも。
(LLP代表 岩藤)

Posted by iwafuji : 2006年04月28日 | コメント (0) | トラックバック (0)

団塊の世代・・・サラリーマンへのエール

来年から、いわゆる団塊の世代のサラリーマンが定年を迎える。 この世代がいままでの日本の高度成長を担ってきたといっても過言ではない。 スキルも高く、なによりも元気だ。これからの20年は自分たちが、自由に日本の 経済やシステムを変えていくんだという気概をお持ちになってもらいたい。 長年、勤め上げた会社を離れてもご自身が創り上げた人脈やキャリアはなにものにも 代えがたい財産です。 再就職、起業、地域活動、ボランティア様々な場面で皆さんが主役です。 自由に使える時間やキャリアを有効に活用していただければ、日本のこれ からはどんどん良いほうに変えられる気がしてなりません。 (LLP代表 岩藤)

Posted by iwafuji : 2006年04月27日 | コメント (4) | トラックバック (0)

いまなぜか??有限会社設立ラッシュ!

四月中旬から新規のお客様から、有限会社設立の問い合わせが4件もあった。

改正会社法の話題性もあるが、ことはそれほど単純ではない。

改正会社法が5月1日から施行されると、有限会社は今後、永久的につくれなくなるのは事実。

ただ、駆け込み需要の背景には3つほど理由がある。

一つ目は登記にかかる費用。有限会社は設立の諸費用16万円程度。株式会社は改正後も26万円程度かかる。

二つ目は有限会社はもう永久につくれないが、今月末時点で、すでにある会社は「有限会社」という名称を今後も使えることの希少価値。レトロ感覚である。

三つ目は有限会社特有の制度が今後も保障されること。役員の任期がなく、決算公告の義務がない。
改正会社法後の株式会社でも、役員の任期はあり、(最長10年)、決算公告の制度は依然として残る。

以上の理由から設立ラッシュとなった模様である。でももうあと4日しかありません?!どうする・・・。

                                                  (LLP代表 岩藤)

Posted by iwafuji : 2006年04月24日 | コメント (0) | トラックバック (0)

税理士の顧問料はいくら?

本日、新規開業されたお客様のところに伺いました。

まだ、開業したてで、売上も年間1,000万円に届きません。

こういう時期に顧問料のお話をするのは、我々税理士としても

大変心苦しいのです。「月2万円で決算時に6万円。

年間でちょうど30万円になります。」と私。

開業時の苦労は、私もよくわかるので少し小さな声になりました。

業界仲間にいわせると、これはすごく安すぎる数字

なのだそうです。払うお客様にとってみればかなりの負担

でしょうが。なんとか、経営指導をして早く事業を軌道に

乗せてあげたいと強く思いました。(LLP代表 岩藤)

Posted by iwafuji : 2006年04月21日 | コメント (0) | トラックバック (0)

利益よりも日々のプロセス…ハルカなる上場への道

今日は当LLPメンバー3名でブロードバンドの会合に参加してきました。
講演と立食パーティの二本立ての会合です。
 講演の内容は企業の広告費の総額は2兆円ほどあるそうです。
これが、IPTV(インターネットプロトコルを使ったテレビ)によりどう変わるのかというお話でした。
地上波デジタル放送などの開始など、通信と放送の融合により、大きなビジネスチャンスが生まれることは超文系の私にも実感できました。
 立食パーティではマザーズに最近上場した会社の創業社長とお話することができました。
社長いわく 上場は努力の結果にすぎない、利益を追わず、日々のプロセスにこそ価値があるというお話が印象的でした。よい一日でした。(LLP代表 岩藤)

Posted by iwafuji : 2006年04月21日 | コメント (1) | トラックバック (0)

代表 岩藤真実 プロフィール

岩藤真実

学歴
北九州市立大学大学院経営学研究科 修了 
主に財務管理とドラッカーの経営学を学ぶ      

職歴     
大学卒業後会計事務所、ビジネス専門学校講師(3年常勤、7年非常勤)、一般企業経理を経て平成6年名古屋税理士中支部において税理士登録。
平成10年 財団法人 社会経済生産性本部認定経営コンサルタント取得、現在に至る。(生産管理、人事管理、情報管理、マーケティング、財務管理を学ぶ) 

続きを読む

Posted by haruka-consul : 2006年03月23日

Categories

新着情報

関連ワード