ハルカコンサルティングファーム:中小企業経営者や、起業意欲のある方々の生きがい創出のお手伝いを致します。

ホーム > 福島 實 > 定期連絡4月

定期連絡4月

坂東・武蔵野原野跡の福島です。

桜の時期になってとても暖かな日が続いています。
今年の桜見物は年末の冬桜に始まって2月の寒桜(いずれも三ッ池公園)、そして3月中旬の河津桜・横浜ヒザクラ(城ヶ島、テニスの長坂谷公園)、4月初旬のソメイヨシノ(近くの桜並木)、そして今最後に八重桜(近くの桜並木)と長々と桜を楽しみました。
多分最近は公園の散歩を楽しむ生活に変わってきたからでしょう。

歩いて1分という近くの桜台公園は年に一度しかないお花見の家族連れで賑わっていました。
この時期梅の時よりも公園のあちこちでウグイスが盛んに鳴き始めました。
まだこの時期はホーホケキョの完全な鳴き方は出来ずに部分的な鳴き方の練習レベルですが急速に上達してきています。(薬師池公園) 
これから8月まではいつものどの公園でもウグイスの声が楽しめます。

桜ばかりではなく菜の花の絨毯もきれいですし(薬師池公園)、あちこちの花壇でチュウリップが最盛期を向かえ、ハナミズキや木蓮も咲き始めました。

どこの公園の雑木林もうっすらとした緑色に色づき始めていますし、桂、欅の並木の緑はこの上なくすがすがしい色をしています。
銀杏だけが何の変化も無く一人取り残された感じです。
どこの世界でもこういうのが世の常でしょうか。

と思っていたら銀杏までもがバカ陽気のためか一日で若葉をそろえてきました。
いよいよ春本番という感じです。

我が家の庭も去年抜き忘れたチューリップが数本咲き、ハナミズキが咲き始めました。
近所の人からかわいそうなハナミズキと言われた木も今年はどこの木よりもたくさん花を付けています。何とか名誉挽回です。

ヒヨドリは朝餌を持って庭に出るとすぐに手の届きそうな枝まで来てこれ見よという姿勢を採り、餌台を離れもしないうちに食べ始めるところまで慣れてしまいました。
庭で雑草を抜いていると頭を掠めるように飛んで目の前まで来て木の枝に止まってポーズをとります。
餌の催促でしょうか。

中に1羽図体はすでに大きいのに頭のてっぺんの毛が産毛なのがいて、これが一番馴れ馴れしい。
折角やってきた目白やセキレイ、四十雀はヒヨドリに追い立てられて逃げていきます。
これも8月までです。

六本木ヒルズでも7年目を迎えて桜もまともに咲くようになりましたし、雀がいつも居るようになりました。

世界金融不安はショックだけは乗り越えてじっと体力回復を待つフェーズに入ったように思います。ロンドンでのG20は各国の意見不一致はあるものの精一杯の経済対策をすることで合意して経済の建て直しを図っています。

米では金融支援を当たり前と見た甘え、ビッグ3支援を当たり前と見た甘えが見られてこじれながらも何とか再建に向けて動き始めているようです。

これを見て株だけが一足先に回復してきています。
まるで自力で回復したかのような態度に見えます。
折角金融支援をすると実業の金融緩和に回るより先に株に回ってしまうということでしょうか。

経済は日米欧の減速を尻目に中国だけが回復し始めているように思えます。
輸出が駄目でも何とか経済が回復し始めるのは思ったよりも自力が付いているということでしょうか。
8%以上の経済成長をしないと失業者があふれて秩序の維持も危うくなるということからそれだけ真剣だということでもあるのでしょう。

一番のリスク要因と言われる中東欧向けの融資の焦付きについてはなかなか中身が見えません。時間を掛けるしかないのでしょう。

世界中が財政出動することで国債の消化が順調に行われるのか、金利が上昇してしまわないのか気がかりなところですが、いざとなれば中央銀行が国債を買い取ってしまうことになるのでしょう。今や何でも有りです。

ではまた。

Posted by shono : 2009年04月13日

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.haruka-consul.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/336

コメント

コメントフォームに記入し投稿してください

(いままで、ここでコメントしたとがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


Categories

新着情報

関連ワード