ハルカコンサルティングファーム:中小企業経営者や、起業意欲のある方々の生きがい創出のお手伝いを致します。

ホーム > 福島 實 > 定期連絡11-12月

定期連絡11-12月

坂東の福島です。
11月も中旬となって天気図に冬型の気圧配置が現れるようになり、冬かと思われる寒い朝が出始めました。暑さにも寒さにも堪え性が無くなってとうとう暖房機の力を借りる羽目になりました。
全国の日本海側で雪が降ったようなので、まあ仕方ないか。

銀杏も欅も葉が紅葉し、落ち葉が道路の吹き溜まりにうずたかく積もっています。
と思っていたらとうとう毎日暖房機を使うようになり、銀杏は冬木立となったものも多くなり本格的な冬の到来となったが、これも師走ともなればやむなしかとあきらめる。

我が家の庭は百日紅だけが何とかきれいな紅葉をしています。
例年虫がついて駄目だったが今年始めてきれいな紅葉となってくれた。
その代わり去年きれいだったヤマボウシは今年はさえない枯葉である。

多くの葉が落ちたお陰で小春日和の陽が部屋一杯に入ってくるようになりぽかぽかとして気持ち良くうたた寝が出来る。

山茶花の花はもう終わりを迎えたが、小菊はまだ頑張っている。

最近では百日紅は完全に冬木立となったので、今年の枝を全て剪定して向かいのアパートの敷地にはみ出さないようにしたが、背が高くなってしまったので結構大変。

小菊ももうほぼ終わりである。
代わって千両、万両の赤い実が頑張っているのと、山茶花が今年初めて2回目の開花時期を迎えた。

つい先日まで庭の餌を残していた鳥たちは、最近では餌を出した途端に一粒残らず粉まで完全に食べ尽くすようになった。
とうとう稲の落穂や木の実が少なくなって来たのだろう。
それでも食べに来るのは雀ばかりでヒヨドリなどはなだ自前の餌で頑張っているらしい。朝の鳴き声は声が大きいだけヒヨドリが一番目立つのだが。
雀は隣のぼうぼうに伸びきった木々の中から鳴かないでおこうと思いながらつい鳴いてしまうというような控え目な鳴き声が漏れ、家の中に入った途端にわっと集団で飛び出して来る。
隣がねぐら、我が家が餌場ということか。

今シーズン始めて三ッ池公園(鶴見)に行ってみるとすでに4種類のカモとカモメがたくさんやって来ていた。
カモメは餌を求めて顔の前手の届くほど近くでホバリングして、投げた餌を空中でキャッチする。
シーズン中段々と慣れてくるというのではなく始めから慣れているようだ。
カモも餌やりを目ざとく見つけてどこにこんなに居たのかというほど多くが集まって来て喧嘩しながら餌を取り合う。

米の大統領選挙は思ったより大差で民主党オバマの勝利となり、大きな政府へと向かうことになりました。

G20、APECと続いた首脳会談で金融安定化と景気刺激に全力投球することが合意されて、それぞれの国で可能な具体策が次々に発表されています。

本家本元の米ではシティーとAIGの両金融業界のトップの痛み具合が余りにひどかったようで、追加支援が必要となって議会合意が必要ないFRBの出番ばかりが増えています。

また、製造業のシンボルたる自動車ビッグ3の資金枯渇不安が話題となっており、従業員300万人という裾野の広さを考えると救済せざるを得ないのであろうが、それをすれば次々に各業界が救済を願い出るのに歯止めが利かなくなる。

日本のバブル期と同じで各業界は博打金融に手を染めているに違いない。
好業績を誇っていたあのGEもその業績の大半は金融業によるものである。

米の金融支援はFRBを主体として数100兆円にも及んで、取れるだけの支援は取りきらないと損だとばかりに株価や金利、為替の賭場に手を入れることなく放置しているように思われる。

資本もなくて博打金融をする投資ファンドの運用資産は数100兆円規模の約1割ぐらいが減っただけでそれほど廃業が進んだわけではない。
それでも資産処分現金化で株や商品市況が大きな影響を受けており、潰せるものなら潰してみろというところか。

米では政府・FRBがこれほど四苦八苦しているのに、消費者はクリスマス商戦のスタートで例年以上の人出だという。

その消費行動はクレジットカードが止められているので小売店が月賦販売しているのだという。
どこまでも懲りない面々のようである。
そのお陰で消費低下がさほど強くなくて助かっているのかもしれない。
ではまた。

Posted by shono : 2008年12月03日

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.haruka-consul.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/312

コメント

コメントフォームに記入し投稿してください

(いままで、ここでコメントしたとがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


Categories

新着情報

関連ワード