ハルカコンサルティングファーム:中小企業経営者や、起業意欲のある方々の生きがい創出のお手伝いを致します。

ホーム > 岩藤 > GDPの成長は本当に必要なのか?

GDPの成長は本当に必要なのか?

100年に一度と言われる金融不安の記事を

目にしない日はないこのごろである。

そこで、思うのはGDP成長がマイナスになる?

あたかも世の中がひっくり返るような騒ぎで報じているが

はたしてどんな意味があるのだろうか?

GDPなどつまり国家的な数字など関係なく

心豊かに暮らしている国がある。

マクロ的、国の豊かさと市民の生活には乖離

が少なからずある。

皆がおなじ豊かさを共有する時代は終わったのだ。

社会的なインフラがしっかりある国はGDPの名目成長など

もはや関係ない。

芸術やスポーツを楽しみそんなにお金をかけずに

楽しむライフスタイルをしっかり個人が持つ時代だ。

もちろん老後の生活プランを充足させる政策が

必要であろうが。
(岩藤)

Posted by iwafuji : 2008年11月02日

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.haruka-consul.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/305

コメント

コメントフォームに記入し投稿してください

(いままで、ここでコメントしたとがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


Categories

新着情報

関連ワード