ハルカコンサルティングファーム:中小企業経営者や、起業意欲のある方々の生きがい創出のお手伝いを致します。

ホーム > 岩藤 > ロウアーミドルの衝撃

ロウアーミドルの衝撃

大前研一さんの「ロウアーミドルの衝撃」

という本を今読んでいる。

国税庁の民間給与の実態統計調査によると

給与所得者の実に78.9%が年収600万円以下

だそうである。大前氏は年収300万円以下をロウアー、

年収300万超600万円以下を

ロウアーミドルと位置づけている。前者は全給与所得者

の37.4%、後者は41.5%であり、合わせると8割弱である。

現在の個人消費に最大のインパクトを与えるのは

ロウアーミドルと位置づけている。

これに反して年収5千万円超のアッパークラスは増加しており、

日本は、日本人の意識に反して、もはや1億総中流社会ではない。

ぜひご一読を。
(岩藤)

Posted by iwafuji : 2008年07月13日

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.haruka-consul.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/269

コメント

コメントフォームに記入し投稿してください

(いままで、ここでコメントしたとがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


Categories

新着情報

関連ワード