ハルカコンサルティングファーム:中小企業経営者や、起業意欲のある方々の生きがい創出のお手伝いを致します。

ホーム > 岩藤 > ふるさと納税の行き着くところ・・・ 外国税額控除

ふるさと納税の行き着くところ・・・ 外国税額控除

ふるさと納税 税理士である私はよいと思う。

ようやく、税のとられ方だけでなく、

税金の使い道に視点が移ったようだ。

僕はふるさとだけでなく、支援したい国、好きな国に税額を

分配するシステムをつくるべきだと思う。

例えば、オーストリアが好きな人は税額の三分の一

をそこで納税し、日本で三分の二をはらう。

ふるさと納税条約締結国同士は自国で税額控除を受け、納税額

は変わらない制度をつくればよい。

例えば、ある外国に納税した人の累積額が、1000万

を超えれば永住権を与え、自国民として待遇する。

こんな制度が出来れば真のグローバル化になると思う。
(LLP代表 岩藤)

Posted by iwafuji : 2007年08月29日

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.haruka-consul.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/146

コメント

コメントフォームに記入し投稿してください

(いままで、ここでコメントしたとがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


Categories

新着情報

関連ワード