ハルカコンサルティングファーム:中小企業経営者や、起業意欲のある方々の生きがい創出のお手伝いを致します。

ホーム > 岩藤 > スモールビジネスのすすめ

スモールビジネスのすすめ

本日の日経一面に、1000円で10分のヘアカットハウスの

「QBハウス」の記事があった。彼らの戦略は低価格と短時間である。

なんと店舗の立地は駅や商業施設のトイレの通路前が3分の1を

しめるそうだ。人はトイレで鏡を見たとき、髪もすっきりしようと考える

からだそうである。たいした、発想である。しかもトイレ通路前は

賃料も安い。

もうひとつの例として、1000円以下のステーキ店「ペッパーランチ」は

都心の駐車場の一部を借り、即席店舗をつくり、短期間に投資

回収をする商売に戦略を転換するらしい。

この一連の流れは、地代や人件費の高騰という背景もあるが、

スモールビジネスの本格的台頭を感じる。

小資本、少人数でゲリラ的にトライアルアンドエラーを繰り返し、

ビジネスモデルを完成させ、条件が似た、他の立地やターゲットで

新たに展開していく。

起業を志す方も、ご自分のボーナスの範囲でできるスモールビジネス

にトライしてみてはいかがでしょう。当然、小資本、少人数、場合によっては

5時から起業でもできるビジネスのネタは世の中にたくさん転がっている

気がします。この経験は将来、経営者をめざす方には、無限の

示唆を与えてくれると思います。
(LLP代表 岩藤)


Posted by iwafuji : 2006年08月05日

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.haruka-consul.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/68

コメント

コメントフォームに記入し投稿してください

(いままで、ここでコメントしたとがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


Categories

新着情報

関連ワード