ハルカコンサルティングファーム:中小企業経営者や、起業意欲のある方々の生きがい創出のお手伝いを致します。

ホーム > 生野 > レアル・マドリードフォワード Kamamoto!?

レアル・マドリードフォワード Kamamoto!?

生野です。
6月11日朝日新聞記事に日本サッカーの父「デットマール・クラマー」さんの言葉が載っている。
(後のドイツ バイエルン・ミュンヘン監督)
メキシコオリンピック日本銅メダルの時の指導者で、高校生だった釜本選手を見出した人だそうだ。
クラマーさんはオリンピック銅メダル取得後、釜本選手を世界選抜に推薦した。

釜本選手はそれを断った。

試合当日が結婚式で、会社挙げてのセレモニーが企画されており、出場できないと伝えてきたという。
「その当時、バイエルン・ミュンヘンやレアル・マドリードなどの世界的クラブチームが釜本に注目していた。もし、チャンスを生かしていれば、日本のサッカー界は違う歴史を歩んでいただろう。」とクラマーさんはいう。

日本企業がサラリーマン釜本の限界を作ったように思われた。
現在は中田や中村のように企業専属からクラブチーム専属に変わっているので、個性を豊かに表現できる時代になっている。

今、釜本選手が世に出ていたらどうなっていただろうか、と思った。(生野)

Posted by shono : 2006年06月11日

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.haruka-consul.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/44

コメント

日本人の海外遠征組の活躍には、隔世の感がありますね。スポーツの世界にはルールがあり、世界共通です。スキルが高い選手は世界中どこででも活躍できることにみんな気づきはじめたのでしょうね。

我々、会計の世界にも、世界共通言語である、簿記(BOOK KEEPING)があります。工業技術の世界も同じものがあると思います。
当LLPもグローバルにがんばりたいですね。
(LLP代表 岩藤)

投稿者 岩藤 : 2006年06月11日 15:21

コメントフォームに記入し投稿してください

(いままで、ここでコメントしたとがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


Categories

新着情報

関連ワード