ハルカコンサルティングファーム:中小企業経営者や、起業意欲のある方々の生きがい創出のお手伝いを致します。

ホーム > 岩藤 > なぜ復刻しないのか・・・日本の名著?

なぜ復刻しないのか・・・日本の名著?

はるか昔、大学生の頃、大宅壮一の全集を夏休みに全巻読みました。

若い方はご存知ない方もいらっしゃるかと思います。

日本のジャーナリズムの草分けで、「日本人総白痴化」などの名言

を残されたジャーナリストです。

たまに、TVに出る評論家の大宅映子さんのお父様です。

都心に大宅壮一文庫もあると聞いています。(まだいったことありませんが)

特に記憶に残っているのは、各県ごとの県民性、性格の違いを明確に分析しておられて、

ちなみに私の県は熱しやすくさめやすい「日本のスペイン」と

分類されておりました。まだまだ、お亡くなりになった

作家で、復刻できてない方がたくさんいらっしゃいます。

ピカレスクの梶山季之先生とか、ロマンチストの開高健先生とか
(お亡くなりになった後ほとんど本屋さんにない。)

坂口安吾先生は幻冬社が復刻してますが、文庫なのに千円

くらいするんだよね。編集者がんばれー。
(LLP代表 岩藤)

Posted by iwafuji : 2006年05月18日

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.haruka-consul.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/32

コメント

コメントフォームに記入し投稿してください

(いままで、ここでコメントしたとがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


Categories

新着情報

関連ワード